(Sponsored)

 名無しが巻き起こした事件が終わり、それに伴って最終回を迎えるのかと思いきや、新たな展開で続投を続ける第6期『ゲゲゲの鬼太郎』。

 妖怪を憎む新キャラ「石動零」や、バックベアード亡き後の西洋妖怪の動きを魅せるなど、なかなか熱い展開が巻き起こっていますね。

 しかしそんな鬼太郎に、どうしても違和感を覚える点が一つだけありまして……。ズバリ、

「子ども向けアニメでは、『死』はなあなあにしとこうよ?」

『死』を扱う場合は、重く取り返しのつかないことだと伝えようよ?」

 考え方が少々古いのかもしれませんが、アニメを楽しむ大人の一人として、筆者はこう感じずにはいられないのです。

ゲゲゲの鬼太郎 6期 ブルーレイ

画像引用元:ゲゲゲの鬼太郎(第6作) Blu-ray BOX3 販売元:Happinet

(Sponsored)

第6期鬼太郎の「死」と「命」

 勧善懲悪の一筋縄ではいかない、少し捻ったストーリーが散見されるのが、鬼太郎の魅力の一つです。

 例えば第54話「泥田坊と命と大地」では作業員の1人が死亡しましたが、物語は単純なハッピーエンドではありませんでした。「死」を扱ったからこそです。

 一方で第48話「絶望と漆黒の虚無」では、名無しが犬山まなちゃんの母親を死んだように見せかけましたが、すべてが救われる大団円に繋がりました。「死」を扱わなかったからこそです。

 その他にも、第6期鬼太郎には「死」や「命」に言及した回がままありました。その多くが大人も考えさせられるストーリーになっており、「諸手を挙げてのハッピーエンド」ではなかったように思います。

 しかしその例外が、第5話「電気妖怪の災厄」と、第57話「鮮血の貴公子 ラ・セーヌ」なのです。

「死」と「コミカル」は繋がらない!

ゲゲゲの鬼太郎 死

画像引用元:http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/episode/summary/ より引用掲載 ©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 かみなりの回では、女性記者の1人が感電死。そして5月26日放送回では、吸血鬼ラ・セーヌが7人もの女性を殺害しています。

 問題はここからで、そういったかみなりやラ・セーヌのキャラをコミカルに描いている点が、「そうじゃないだろ」と感じるのです。

 筆者は少なくとも、「子ども向けアニメで死人が出た以上、ハッピーエンドにはなり得ない」と考えています(幼女化ねこ姉さん激萌え! とか阿呆言ってるだけじゃないんですよ!)。

 「襲われた女性たちは実は悪い妖怪で、吸血鬼は人間を救うために行動していた」などの理由があればまだうなずけるのですが(必要悪の有無、といった深いテーマに繋がりそうです)、そういったフォローもなく、ちゃんちゃんこに翻弄されるラ・セーヌたちをただコミカルに描くのは、それは子どもに見せる作品じゃないよ、と。

 ラ・セーヌに関しては「戦意のない相手にも容赦しない石動零」というキャラのおかげで、なんとか「単純なハッピーエンド」は免れた印象はあります。しかし、「物語の構成上、7人も殺害する必要はあったのか?」「被害者たちの存在が忘れられてないか?」という疑問は否めません。

 鬼太郎のような子ども向けアニメで、「死」という重い題材をあえて組み込むのであれば、それに見合った演出やラストを用意してほしい。

 アニオタのはしくれとして、そんなことを考える日曜の朝でした。

(Edit&Text/ヒダマル)

◆関連する記事

◆Check!!

2019年春アニメ記事一覧

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)


新番組「ゲゲゲの鬼太郎」-東映アニメーション

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事