(Sponsored)

 かつては予め決まったプログラムを放送していたテレビが大きな力を持っていた時代が続いていましたが、すっかりそんな時代も過去のものとなってきました。パソコンやスマートフォンの普及で動画の配信が気軽になり、ユーザーが自分の観たい時間に、観たい動画を選んで観る時代に突入しています。

 そんな時代に入り、映画のプロモーション動画にも面白い動きが出てきました。

(Sponsored)

「名探偵ピカチュウ」の違法アップロードにみせかけたプロモーション

 注目のプロモーション映画を公開した作品は、日本でも大ヒット作品となった映画『名探偵ピカチュウ』。本作がアメリカを始め、多くの国での公開を目前にした2019年5月7日に、ある100分強の動画がYoutubeに投稿されました。タイトルは『POKÉMON Detective Pikachu: Full Picture』。つまり“名探偵ピカチュウ全編映像”という動画なのです。

 全編映像が公開前に流出してしまったのか!? と思いきや、実はこれ、いわゆる釣り動画と呼ばれるような引っ掛け映像。わずかな本編映像が流れた後はひたすらピカチュウの可愛いダンスが流れる映像となっています。

 今回、名探偵ピカチュウの吹き替え役に限らずフェイシャルキャプチャ(表情の動きをモーションキャプチャの要領で映像に連動させる仕組み)まで担当したライアン・レノルイズさんもこの映像をリツイートしている通り、これもあくまで公式のプロモーションの一環だったよう。よく観ると、映像の左上には“R.Reynolds”と名前がクレジットされていたりと、実はライアン・レノルイズさんが仕組んだ映像のように見せかけているところも面白いポイントです。

公式の10時間耐久動画!?『レゴ® ムービー2』の狂気のプロモーション

 『名探偵ピカチュウ』のプロモーション動画は異例の長時間映像でしたが、実はそれよりもちょっと前に、さらに長いプロモーション動画を公開したアニメーション映画があります。同じく2019年公開作品の『レゴ® ムービー』シリーズの最新作『レゴ® ムービー2』。そのプロモーション映像の長さはなんと10時間!異常な長さとなっています。

 その映像がこちらです。

 『This Song is Gonna Get Stuck Inside Your Head 10 HOURS VERSION! Catchy Song The LEGO Movie 2』というタイトルのこの映像、作中に登場する『Catchy Song』という挿入歌のサビをひたすら10時間ループさせるという狂気じみた映像となっています。吹き替え版の歌詞の一節にもなっている“この歌頭にこびりつくよ”というフレーズ同様、本編中でも洗脳ソングとして登場する曲なのですが、まさにそれを体験できるように曲のフレーズを脳裏に刻み付けるための映像となっています。

 

――予告映像といえばわずかな時間にどれだけ映画の魅力を詰め込めるか……といったものでしたが、今や時代も変わり、動画のプロモーションにはこんな手もあるのか、と驚かされるものが登場してきています。映像の始めと終わりの境目を違和感なく作れるアニメーションは、ループ映像を作るのには最適なので、ことアニメーション分野では流行する予感もします。本編だけでなくプロモーション映像界隈にも注目です。次は日本作品でも、この手を使ってくる作品が出てくる……かも。

(Edit&Text/ネジムラ89)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事