(Sponsored)

現在ON AIR中の『ラブライブ!サンシャイン!!』2期も第9話を迎え、残すところあと4話です。

第8話「HAKODATE」と第9話「Awaken the power」はAqoursとSaint Snowのコラボグループ、“Saint Aqours Snow”が誕生するなど、今までの『ラブライブ!』コンテンツにはない、魅力が多く詰まっていました。

鹿角理亞 黒澤ルビィ

第8、9話はルビィと理亞にスポットが当てられたストーリーが展開。“Saint Aqours Snow”というコラボグループが生まれました
画像引用元:バンダイチャンネル

©BANDAI NAMCO Rights Marketing Inc.

〈上記配信番組コンテンツ動画より引用〉

『ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期』#9 Awaken the power(20分41秒)

©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

『ラブライブ!』の歴史の中で、過去にグループメンバー以外と一緒に披露した曲は、劇場版の「Sunny Day Song」(SDS)のみでした。

しかし「SDS」はあくまでもスクールアイドルたちの曲という扱いで、これはμ’sが他スクールアイドルとコラボしたとは正確には言えません。

劇場版『ラブライブ!』Sunny Day Song

SDSの衣装を着飾るスクールアイドルたち〈 撮影/佐倉璃紗 (撮影場所:新宿ピカデリー)〉

その新たな試みが見られた第8話、9話ですが、特にSaint Snowの鹿角理亞の内面をフォーカスしたストーリーでした。

Saint Snowは物語のポジション的に、前作『ラブライブ!』のA-RISEにあたります。

A-RISEといえば、アニメではLove Live!初代優勝者であり、スクールアイドルの象徴として終始μ’sの良きライバルでした。

Aqoursがμ’sに影響を受けているように、Saint SnowもA-RISEの影響を受けています。これは1期の第12話「はばたきのとき」で明かされています。

『ラブライブ!』という物語にA-RISEは必要不可欠でしたが、残念なことにメイン回は一度もありません。

私は今回のルビィと理亞がグループを越えて一緒に曲を作るという展開はまったく予想しておらず、第8話放送後の9話はとても待ち遠しく、ON AIRされるまでの1週間が長く感じました。

ライバルグループにも関わらず、今回大きくピックアップされたSaint Snowですが、2期第8~9話の内容を踏まえたうえで、もう一度1期を見直してみると、1期の時点ですでに、妹・理亞のキャラの濃さが実感出来ます。

本記事ではそんなキャラの濃い理亞というキャラの重要性について語っていきます。

(Sponsored)

鹿角理亞のプライドの高さ

鹿角姉妹の初登場は1期第7話「TOKYO」になります。今やラブライバーにはお馴染みの神田明神で歌の練習をしていたのをAqoursが目撃。

その時、理亞はバク転からのムーンサルト(?)といった、レベルの高いパフォーマンスを彼女たちに見せつけ驚かせます。

鹿角理亞 Saint Snow

バク転でその運動神経の高さを見せつける鹿角理亞
画像引用元:バンダイチャンネル

©BANDAI NAMCO Rights Marketing Inc.

〈上記配信番組コンテンツ動画より引用〉

『ラブライブ!サンシャイン!!』#7 TOKYO(14分12秒)

©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

また、1期第8話には、“TOKYO SCHOOL IDOL WORLD”に出場したAqoursが、0票で最下位という結果を言いつけられたエピソードがありました。

同大会に出場したSaint Snowはインパクトのある初登場に加え、圧倒的なライブパフォーマンスを披露したにも関わらず、9位という結果。

そして大会後、AqoursとSeint Snowは会場前で鉢合わせます。

その時、理亞は、

「Love Live!は遊びじゃない!」

とAqoursメンバーに一喝。

このAqoursへ追い打ちをかけるようなセリフは、ラブライバーの間でも賛否両論でした。

この辛辣な言葉には、理亞のスクールアイドル活動に対する熱き想いと、Saint Snowのパフォーマンスに絶対的な自信を持っていたとうい2つの気持ちが重なり、Aqoursのような結成されたばかりの素人グループと自分たちを一緒にされたくないという想いも込められていたと思います。

こういった発言や初登場のシーンなどからは、彼女のプライドの高さを垣間見ることが出来ます。

そして、2期第8話には、ライブ前楽屋へ挨拶に来たAqoursと言葉を交わそうとしないなど、理亞のプライドの高さを強調する描写が多数健在していました。

良くも悪くもプライドが高すぎる彼女ですが、そのキャラ性が『ラブライブ!』コンテンツに変革をもたらすことになるのです。

理亞は『ラブライブ!』コンテンツの新たな道を切り開いた

前述したように、Saint SnowはA-RISEと同じく、ライバルグループという立ち位置。

『ラブライブ!』(無印)2期第3話では、A-RISEとμ'sが同会場でライブするというエピソードが存在しました。

『無印』第3話でA-RISEは、ハイレベルなライブパフォーマンスを見せ、穂乃果以外のμ'sメンバーをビビらせます。

そういった前例があったからこそ、『サンシャイン!!』2期第7話終了後、第8話のサブタイトル「HAKODATE」を見た時、「次回は、さらにSaint Snowが一段とレベルアップしたライブパフォーマンスを披露するのでは」、と思った方も多いハズ。

ですが1週間後、待ち受けていたのは・・・、

まさかのSaint Snowの予選敗退。

そんな中、Aqoursが立ち寄った喫茶店と思われる店舗で、ルビィは偶然自室で涙を流す理亞と遭遇してしまいます。

黒澤ルビィ 鹿角理亞 第8話

自室で涙を流す理亞の姿を目撃したルビィ。
画像引用元: バンダイチャンネル

©BANDAI NAMCO Rights Marketing Inc.

〈上記配信番組コンテンツ動画より引用〉

『ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期』#8 HAKODATE(11分54秒)

©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

「予選敗退となった理亞、決勝に出場するルビィ」という状況。

お互いにグループ内に姉を持つという共通点のある2人。

理亞の心境にイチ早く気づいたルビィは、

「もしも自分が予選敗退していたら……」

と思ったハズです。

「姉と少しでもスクールアイドルを長く続けたい」という想いが強いルビィは、理亞が自分と同じ想いでLove Live!に挑んでいたのだと気づきます。

そんなルビィは理亞を呼び、これが最後のライブにならないように一緒に曲を作ることを理亞に提案します。

このようなストーリー展開は、今までの『ラブライブ!』~『サンシャイン!!』1期までの間では見られませんでした。

合作のきっかけを作ったのはルビィですが、Saint Snowの敗退と理亞のプライドの高さ、そして姉への想いがなければ、「Awaken the power」やSaint Aqours Snowが誕生することはなかったのではないでしょうか?

Awaken the power ラブライブ!サンシャイン!! 2期

「Awaken the power」の出だしはルビィと理亞のデュエットから始まり、やがてAqoursメンバー、聖良が加わるという、グループを越えた新曲でした
画像引用元:バンダイチャンネル

©BANDAI NAMCO Rights Marketing Inc.

〈上記配信番組コンテンツ動画より引用〉

『ラブライブ!サンシャイン!!TVアニメ2期』#9 Awaken the power(20分41秒)

©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

――「Awaken the power」は Saint Aqours Snowの“1st single”という位置づけらしく、これからもこの両グループのコラボが期待できます!

2018年4月27日と28日には函館アリーナで「Saint Snow PRESENTS」と冠したライブの開催も予定されています。

果たしてこのライブで、Saint Snow、Aqours、そして……彼女たちのコラボグループSaint Aqours Snowは、どんなステージを魅せてくれるのでしょうか。

ON AIR中の2期はモチロンですが、Saint Aqours Snowの活躍からも目が離せそうにありませんね!

(Text/宮木昴 Edit/水野高輝

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る


ラブライブ!Official Web Site
©2013 プロジェクトラブライブ!
©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©KLabGames ©bushiroad All Rights Reserved. ©SQUARE ENIX CO., LTD.

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事