『ルパン三世』という国民的漫画を世に送り出し、今年4 月に惜しまれながらこの世を去ったモンキー・パンチ氏。この度、発売される追悼本『追悼、モンキー・パンチ。ある漫画家の、60 年間の軌跡』には「さよなら、モンキーさん」と題し、日本の漫画界を代表する錚々たる漫画家たちが寄稿している。特に注目なのが『名探偵コナン』の青山剛昌氏だ。

 モンキー氏とはアニメ『ルパン三世VS名探偵コナン』というクロスオーバー作品にともに携わった仲で、追悼本ではコナンとルパンを“再共演”させている。

 青山氏は当時を次のように振り返る。

「モンキー・パンチ先生との一番の思い出は、『ルパン三世VS 名探偵コナンThe movie』の時、灰原が不二子ちゃんに『がっかりさせないで、昔のあなたはそうじゃなかったでしょ?』ってセリフを勝手に入れてしまって、モンキー先生に多分、怒られちゃうなと覚悟していたら、試写会で先生に『あのセリフで不二子がリアルになった。ありがとう!』と逆にほめられて、めちゃくちゃうれしくてさらに輪を掛けて、先生の大ファンになってしまった事です!(笑)。ルパン三世は永久に不滅です!!」

青山剛昌 ルパン三世 画像

 また、同書には他にも、ちばてつや氏、里中満智子氏、バロン吉本氏、永井豪氏などが特別寄稿している。

(Sponsored)

モンキー・パンチ氏の“幻のデビュー作”も収録!

 モンキー・パンチ氏といえば、代表作『ルパン三世』で広く知られているが、ブレイク前に別のペンネームでも作品を発表している。同書には本当のデビュー作である『死を予告する鍵』や『ルパン三世』のイラストギャラリーや貴重な扉絵も収録。 ルパンファンならずとも日本の漫画史を知るうえで注目したい 1 冊となっている。

(C)モンキー・パンチ

(C)モンキー・パンチ

書籍詳細

モンキー・パンチ 追悼本
書名:追悼、モンキー ・ パンチ ある漫画家の、 60 年の軌跡
体裁:B 5判 P192
定価:2500円+税
発売:双葉社
発売日:2019 年12 月 24日
https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-31521-9.html?c=30700&o=&

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事