やっと全国すべての都道府県の緊急事態宣言が解除され、町の賑わいが戻りつつあります。

 モチロン、映画館も例外ではありません。筆者の地元の劇場も6月から再開されることが決まっており、足を運べる日をいまかいまかと待ち遠しくしています。

 当然ながら、入場規制や公開延期などが予想されますが、なんとか映画を支援したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

 コロナショックという空前絶後の事態に見舞われた2020年ですが、実はアニメ映画が豊作な年でもあります。

 6月には元々、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が公開予定でした(6月現在は公開日未定)。

 また、ジャンプ原作の人気アニメの『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』10月公開予定。他にもたくさんの人気アニメの劇場版やオリジナル作品の公開が予定されています。

 今回は、そんな豊富なラインナップの中から、2年以内にアニメが放送された作品の劇場版を3つ厳選。紹介していきます。

(Sponsored)

少女たちによる華やかな舞台の幕が上がる——『少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド』

少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド 画像<画像引用元:https://cinema.revuestarlight.com/ より引用掲載 ©Project Revue Starlight>

 『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』は、2017年に舞台が公開され、続く2018年に舞台を原作としたアニメが放送された人気作品です。

 2019年冬に再生産総集編と完全新作劇場版の2作の制作が決定しており、ファンからの期待が高まっています。

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

 本項で注目するのは、総集編にあたる、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド』

 本作の新規主題歌「再生讃美歌」は、非常に美しい歌として仕上がっています。

 新しい主題歌とそれに込められた意味を味わいながら観る劇場版は、アニメ本編とはまた違う良さがあるハズです。それだけでも、劇場に足を運ぶ意味は十分あるでしょう。

 再生産総集編は、529日に公開予定だったのですが、コロナショックの影響で公開日が延期に……。まだ公開日はわからないので気長に待ちましょう。

(Sponsored)

『ガルパン』水島監督の最新作完全版、劇場版『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』

荒野のコトブキ飛行隊 完全版 画像<画像引用元:https://kotobuki-anime.com/news/detail/?p=1345 より引用掲載 ©荒野のコトブキ飛行隊製作委員会>

 次に紹介するのは、『ガールズ&パンツァー』(略称、ガルパン)や『SHIROBAKO』の水島努監督による完全オリジナルCGアニメ、劇場版『荒野のコトブキ飛行隊 完全版』です。

 本作は、2019年冬にアニメが放送され、同年劇場版の公開が決定されました。

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

 西部劇風の雰囲気の世界観なのですが、少女たちがレシプロ戦闘機に乗って戦うという見たことのない作品です。そして、本編ではほのめかされただけなのですが、実は現実世界のパラレルワールドなのではないかと言われています。

 よって、『ガルパン』のようなミリタリー系のアニメが好きな人だけでなく、異世界SFが好きな人にもオススメできます。

 劇場版は、総集編に加えて新エピソードの追加が予定されており、アニメ版では明らかにされていなかった伏線が回収されるのではないかと期待されています。

 公開は2020年秋と発表されているだけで、正式な公開日が判明していません。ですが、今のところ公開延期などの告知もないため今年中に公開されるのではないかと思われます。

(Sponsored)

今度こそ人間になれるか?『劇場版 BEM BECOME HUMAN~』

劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~ 画像<画像引用元:https://newbem.jp/2020_mv/ より引用掲載 (C)ADK EM/BEM製作委員会>

 『BEM』は『妖怪人間ベム』50周年を記念して2019年に放送されたTVアニメ。

 その続編が、『劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~』です。

 『妖怪人間ベム』はアニメ化やドラマ化もされた人気作品ですが、作中の妖怪人間たちの「人間になりたい」という願いが叶えられたことは一度もありません。

 本作の見どころは、やはり彼らが“人間になれるかどうか”でしょう。『劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~』は秋公開予定。50年の時を超えて彼らの夢が成就されるのか、劇場に足を運んで確かめましょう!

 ――コロナ問題はいまだ続いており、映画産業は依然厳しい状況ではありますが、私たちも一個人として何か貢献できるといいですね。

 そのためには、やはり映画を観て応援するのが一番だと思います。しっかり感染防止対策をして劇場に足を運び、そして楽しみましょう!

Text/シモヤマコウキ Edit/乙矢くるみ)

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト

©Project Revue Starlight

TVアニメ『荒野のコトブキ飛行隊』公式サイト

©荒野のコトブキ飛行隊製作委員会

妖怪人間ベム 劇場版「BEM」公式サイト

(C)ADK EM/BEM製作委員会

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事