「週刊少年ジャンプ」で連載していた『鬼滅の刃』が完結してしまいました。

 読んでいた漫画が一つ減ってしまい寂しく感じていますが、最近新たに別の漫画を読み始めたので、私は負けない!

 で、そんな新しく読み始めたという漫画が『呪術廻戦』です。本作は、2018年より「週刊少年ジャンプ」で連載をスタートした漫画作品。

呪術廻戦 1巻 画像<画像引用元:呪術廻戦 1 (ジャンプコミックス) (日本語) コミック 出版社:集英社>

 私、最近本作を読み初めたばかりながら、ガッツリハマってしまいました。さらになんとこの『呪術廻戦』、TVアニメ化が発表されているのです! もしかしたら、もしかすると『呪術廻戦』も『鬼滅の刃』のように大ヒットするかもしれません。そこで今回は、『呪術廻戦』のTVアニメ化情報と本作の制作を務めるMAPPAの紹介をしていきます。

(Sponsored)

TVアニメ『呪術廻戦』10月より放送開始!

 『呪術廻戦』は芥見下々先生の描くダークファンタジーバトル漫画。

 主人公・虎杖悠仁は、ひょんなことから両面宿儺の指を体内に取り込んでしまい、呪力を身体に宿せるようになります。それをきっかけに都立呪術高専に入学。仲間たちとともに呪術を使った戦いの世界に巻き込まれていくという物語です。

 TVアニメ『呪術廻戦』は2020年10月より毎日放送・TBS系列で放送されている『スーパーアニメイズム』の枠で放送されることが発表されています。『炎炎ノ消防隊』などが放送されていた枠ですね。

 すでに出演声優も発表されており、期待が高まります。

  • 虎杖悠仁:榎木淳弥
  • 伏黒恵:内田雄馬
  • 釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美
  • 五条悟:中村悠一
  • 両面宿儺:諏訪部順一
(Sponsored)

アニメーションの制作はMAPPAだ!

 そんな『呪術廻戦』のアニメーション制作をするのが、アニメーション制作会社MAPPAであることも発表されました。『鬼滅の刃』はTVアニメで人気に火がつきましたが、作品のレベルの高さからアニメーション制作会社のufotableも注目も浴びました。もしかすると、今年はMAPPAに注目が集まるかもしれないですし、どんな会社かもチェックしておきましょう。

 MAPPAは、アニメ版『時をかける少女』の企画や、『ちはやふる』などを代表作に持つアニメーションプロデューサー・丸山正雄さんが2011年に設立した会社です。丸山さんといえば、それまではMadhouseに所属しており、系譜としては虫プロダクションにまで遡ります。

 MAPPAは2012年の『坂道のアポロン』を皮切りに様々なTVアニメや劇場公開作品に携わってきました。代表作には、『この世界の片隅に』『ユーリ!!!onICE』、最近の作品だと『ドロヘドロ』などがあります。

 近年は3DCGと作画を組み合わせたアニメーションを得意としており、一見3DCGなのかどうかがわからないほどのアニメーションのルックに、驚く人も多いようです。

(Sponsored)

『進撃の巨人 The Final Season』もMAPPAが担当!?

 MAPPAがこれから担当する作品は『呪術廻戦』だけではありません。

 なんと、2020年に放送を予定している『進撃の巨人 The Final Season』の制作を請け負うことも明らかになっています。

 TVアニメ『進撃の巨人』シリーズといえばこれまでWIT STUDIOがアニメーション制作を担当していました。ファイナルシーズンを前にして制作のバトンタッチを受けるということで、MAPPAにもプレッシャーがかかります。果たしてどんな仕上がりとなるのか要注目です。監督は『ドロヘドロ』の林祐一郎監督が務めることも発表されており、よりMAPPAの色を感じられる作品になりそうですね。

(Sponsored)

『ドロヘドロ』日の丸問題

 一方で、『ドロヘドロ』といえば最近、作画修正のニュースも報じられました。

◆アニメ『ドロヘドロ』第9話作画修正のご報告とお詫び

https://dorohedoro.net/news/news_20200314_01.php

 というのも、第9話の背景に登場する張り紙に、赤い丸にバツ印が書かれており、それが日本国旗のように見えるので日本への批判ではないかと、一部の視聴者の物議を醸しました。結果的にこの場面は作画修正が施されることが発表されましたが、人によってはMAPPAと聞いて不安を感じる人も居るのかもしれません。

 実際に日本への批判の意図が込められていたのかは分かりませんし、そもそも日本国旗もかなりシンプルな造形をしているので、“たまたま”という可能性も全然ゼロではないでしょう。ただ、こうして公式で謝罪するほどの事態になったのは、新型コロナウイルスなどの問題で丁度日本という国への批評性が高まっていたからかもしれません。

 

 ――ポジティブなニュースだけではないMAPPAですが、挽回となる傑作作品を世に送り出してくれることを期待していきましょう。

 そしてアニメ映画ばかりを観ている私ですが、『呪術廻戦』に関しては楽しみにしていますからね!

(Edit&Text/ネジムラ89)

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』公式サイト

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事