2022年は大作アニメーション映画が続々と公開!!

 と言いつつ、「今年は話題作が目白押し」を毎年のように言っているわけですが、2022年についても例によって、春夏秋冬注目のアニメーション映画の上映が控えている状態です。

 日本や世界で、一体どんなアニメーション映画が上映されるのか、追っていきます。

◆2年ぶりの春興行!ドラえもんvs海外大作vsおしり!?

 暖かくなって来る頃には、早々に春休み〜ゴールデンウィークシーズンに合わせてアニメーション映画が続々と公開をスタートします。2020年、2021年と新型コロナウイルス感染症の到来で、2年連続で春のアニメ映画興行は大打撃を受けていたわけですが、今年はしっかりラインナップが揃いそうです。

 まず、そんな新型コロナウイルス感染症の影響を受けて公開を1年遅らせた『映画ドラえもんのび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021』がタイトルをそのままについに上映。子供たちも2年ぶりに春休みにドラえもんを観られそうです。

 そんなドラえもんにぶつかって来るのが、海外からの刺客たち。ディズニーピクサーの『私ときどきレッサーパンダ』と、ミニオンのイルミネーション製作の『SING シング ネクストステージ』が続々と公開されます。

 そして忘れてはいけないのがダークホースの『映画おしりたんていシリアーティ』。これまでは東映まんがまつりなどの併映作の一つとして上映されていたのですが、初めて単体長編映画が公開。謎のお洒落なお尻、シリアーティ役に福山雅治さんを起用するという飛び道具を携えての公開がどれだけの結果を残すのか楽しみです。

◆春の後半戦はGW興行!本番はここから!?

 春の興行は続けてゴールデンウィークシーズンに続いていくのですが、こちらも2021年に新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、興行に大打撃を受けた名探偵コナンが新たな新作を携えて登場。『劇場版名探偵コナンハロウィンの花嫁』のタイトルで、春映画でありながらもハロウィンシーズンを舞台に、高木刑事や佐藤刑事のカップルコンビや、スピンオフ作品も人気の警察学校編の面々が、劇場版シリーズで初めてフィーチャーされます。

 そんな大作コナンにぶつかって来るのが、こちらもコロナ禍の影響を受けたシリーズであり、ゴールデンウィークシーズンの興行が3年ぶりとなるクレヨンしんちゃん。劇場版シリーズの記念すべき30作目として『映画クレヨンしんちゃんもののけニンジャ珍風伝』が登場。30作もやっていながらも、意外とまだやってなかった本格忍者モノと主人公出生ネタの合わせ技で登場です。

 はたまた、ここに2018年以来の新作となるドラゴンボールシリーズの劇場版『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』や、劇場公開に先駆けてNetflixで先行配信が発表されている荒木哲郎監督&虚淵玄脚本という布陣のオリジナル作『バブル』といった大作も登場です。

◆夏休み映画の主役は誰か!? 3度目のポケモン不在の夏?

 初夏にかけては湯浅政明監督の最新作『犬王』や、アニメシリーズのついに完結作となる『映画「五等分の花嫁」』、さらにガンダムシリーズのまさかのタイトルである『機動戦士ガンダムククルス・ドアンの島』などの公開が初夏に予定されているのですが、やはり注目はその後の夏休み興行です。

 新型コロナウイルス感染症の流行以前は、“夏はポケモン!”の合言葉でおなじみだったポケモン映画の2022年公開予定はいまだになく、2022年もポケモン不在の夏となりそうです。

 代わりと言ってはなんですが、2022年の夏公開映画として、ディズニーピクサーの『バズ・ライトイヤー』、ONE PIECEの原作者尾田栄一郎先生ががっつり関わる最新作『ONEPIECE FILM RED』、さらに、スタジオジブリ育ちのポノック最新作『屋根裏のラジャー』などが上映。流石に話題作がゼロとはならないのが夏休みシーズンです。

 日本でこそ公開時期がまだ発表されていないのですが、海外では2年延期となった『ミニオンズフィーバー』が7月に公開が発表されています。日本でもこの夏にミニオンたちに会えることを期待したいです。

◆年末こそが激戦?新海誠監督やスラムダンクの秋、そしてマリオの冬は来るか

 夏休みシーズンが終わると、もう年末まで駆け抜けるような雰囲気になるわけですが2022年の秋は意外なタイトルの公開が控えています。

 一つは発表されたばかりの新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』が2022年秋公開ということが発表されています。公開にかけて続々と新情報が発表されていくのではないでしょうか。

 もう一つのビッグタイトルが、バスケ漫画の『SLAM DUNK』の最新アニメーション映画の公開です。監督・脚本を、原作者である井上雅彦先生が担当した新作が、2022年秋公開と発表されており、人気タイトルの久しぶりの新作ということで盛り上がりが期待できそうです。

 最後に期待したいのが冬。日本でこそ公開時期が発表されていないものの、上映を期待したいのが、イルミネーションスタジオが製作する『スーパーマリオ』のアニメーション映画です。アメリカでは2022年12月21日に公開されることが発表されており、日本でもぜひとも日米同時上映を期待したいところ。秋や冬にかけての上映作品はこれから続報で詳しい情報が明らかになっていくはずですので、ぜひニュースなどにも耳を傾けて楽しみにしていただければと思います。

 

 ――アニメーション映画だけでもこれだけ多くの作品が公開予定に控えている2022年。まだまだ新型コロナウイルス感染症の不安が消えた状態ではないものの、2021年以上に安心して映画館に足を運べる年となることを祈って、しっかりマスクやアルコール消毒を欠かさずに日々を過ごしていきましょう。ここに上げた映画たちがしっかり予定通り見られることを祈っています。

〈文/ネジムラ89〉

《ネジムラ89》

アニメ映画ライター。FILMAGA、めるも、リアルサウンド映画部、映画ひとっとび、ムービーナーズなど現在複数のメディア媒体でアニメーション映画を中心とした話題を発信中。缶バッチ専門販売ネットショップ・カンバーバッチの運営やnoteでは『読むと“アニメ映画”知識が結構増えるラブレター』(https://note.com/nejimura89/m/mcae3f6e654bd)を配信中です。Twitter⇒@nejimakikoibumi

関連する記事

お知らせ

アニギャラ☆REWの

LINEアカウント登場!

職場や学校で盛り上がれる

アニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

関連キーワード