2020年3月27日より、『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』の劇場上映と、Amazon Prime Video独占での配信がスタートしました。骨太クライムアクション長編となっており、終始ニヤニヤが止まりませんでした。

PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR Blu-ray 画像<画像引用元:PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR(初回生産限定版) [DVD] 販売元:東宝>

 本作はTVアニメシリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の最終話から続くエピソードとなっており、今作を楽しむのであればTVアニメシリーズを鑑賞しておくことがオススメです……というか、観ないと分からないことが多いので、必須なぐらいで鑑賞を推していきたいです。

 そこで今回は、そんなTVアニメシリーズ3期の“サブタイトル”の意味を紹介します

 ギリシア神話の用語などがサブタイトルに起用されており、その意味が分かるとより楽しめる内容となっています。すでにシリーズを観終えている人も、これから観る人も、知っておくとプラスアルファ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』が面白くなるハズ!

(Sponsored)

第1話『ライラプスの召命』

 “ライラプス”とは、ギリシア神話に登場する狙った獲物は逃さないと言われる猟犬のこと。“召命”は神に呼び出されて、救いを与えられるということを言います。ここで言う神とは、シュビラシステムでしょうか。ライラプスは監視官の灼と炯であり、もしくは公安局刑事課一係を総じて表しているのかもしれません。

(Sponsored)

第2話『テウメソスの生贄』

 “テウメソス”とは、ギリシア神話に登場する何者にも捕まらない運命を持ったキツネのことです。実は第1話のサブタイトルに登場したライラプスとは因縁があり、ライラプスはテウメソスを捕まえるようにと、命を受けたものの、逃さない存在と捕まらない存在である両者の運命に背く事態として、ゼウスによって石に変えられてしまったという逸話があります。ここで言う生贄とは、セブンインスペクターである些々河のことを指しているように思わせます。キツネは、今作でも重要なモチーフ。ライラプスである公安と相対する組織自体がテウメソスであると見て良いでしょう。

(Sponsored)

第3話『ヘラクレスとセイレーン』

 “ヘラクレス”ギリシア神話に登場する半人半神の英雄のこと。“セイレーン”はギリシア神話に登場する半人半鳥の船乗りを惑わす怪物のことです。セイレーンは人魚の姿で描かれることもあるようですが、筋肉質の姿で描かれることの多いヘラクレスに比べて、セイレーンは華奢に描かれることが多いです。ヘラクレスは薬師寺康介のことで、セイレーンは小宮カリナのことを指しているのでしょう。

(Sponsored)

第4話『コロッセオの政争』

 “コロッセオ”は、西暦80年のローマ帝政期に造られた円形闘技場のこと。

 現在もイタリアの観光地として存在するおなじみの場所です。物語のクライマックスの大衆が見守る中の公開討論会は、まさにコロッセオ。政争と言うことで、薬師寺と小宮の都知事選を表しています。

(Sponsored)

第5話『アガメムノンの燔祭』

 “アガメムノン”とはギリシア神話に登場する、「王の中の王」と呼ばれるギリシアをまとめ上げた皇帝のこと。燔祭とは、古代ユダヤ教の神に対する儀式で、動物を焼いて捧げていたものです。アガメムノンが指すのはやはり宗教団体のことでしょうか。となると、燔祭が指すのは自爆させられた人のことでしょうか。なかなか怖い例えですよね。

(Sponsored)

第6話『カエサルの金貨』

 “カエサル”といえばローマ帝国第二代皇帝ティベリウス・ユリウス・カエサルのこと。イエス・キリスト出生時に刑死した皇帝ですが、そんなカエサルと金貨といえば、イエス・キリストとの逸話があります。税金を納めるべきか否かの意地悪な問答を投げかけられたイエスが、皇帝が掘られた硬貨を見て、「皇帝(カエサル)のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」という返答をして、反政府である返答をせずに、信仰すらも守る応えをしたという話です。

 難題を迫られる灼と炯のことを示しているのでしょうか。

(Sponsored)

第7話『Don’t take God’s name in vain

 急に英文になった第7話。これが何かと言うと、実はこれモーセの十戒の一つ「むやみに神の名前を唱えるなかれ」という一節だったりします。宗教編のクライマックスを迎える第7話の大詰めということで、神を謳えばなんでも許されるわけでもないという戒めを伝えているように思えます。

(Sponsored)

第8話『Cubism』

 最終話は、サブタイトルの中でも特に異質。“Cubism”とは、いろんな角度から視たものの形を一つの画面に納める絵画様式のことを言います。ピカソの「泣く女」などが有名ですね。最終話は大詰めということで、これまでのエピソードのパズルが揃いだし、クライマックスに収束していく様子を表しているようです。

 ちなみに『PSYCHO-PASS サイコパス 3』のOP主題歌も、Who-Extendedさんの「Q-vism」で、表記の仕方は違いますが同様の読み方となっています。

 

――以上、全8話のサブタイトルと元ネタを紹介しました。

 サブタイトルといった要素にも、学びや深みがあるところも『『PSYCHO-PASS サイコパス 3』』の魅力です。ぜひ、TVアニメシリーズ『『PSYCHO-PASS サイコパス 3』を抑えて、さらに傑作『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』に臨んでみてください!

(Edit&Text/ネジムラ89)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)


TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』公式サイト

アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』公式サイト

©サイコパス製作委員会

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事