7月8日(水)より、ついに『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下、リゼロ)2期が放送されます。1期放送が2016年の春だったことを考えると、ファンにとっては随分待った待望の2期放送なのではないでしょうか。

リゼロ 2期 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 待ちに待った2期、ファンとしては万全の状態で視聴したいですよね。

 しかし、1期が放送されたのは4年も前のことです。いくら楽しみにしていても物語の内容を忘れてしまったファンも多いハズです。

 そこで今回は、『リゼロ』1期を見返す時間がなかったファンたちのため、2期を存分に楽しめるよう1期の内容を振り返っていきます。

(Sponsored)

物語を総復習 『リゼロ』はどんな物語? 主人公たちが目指すものとは?

リゼロ 2期 エミリア 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 簡潔に言ってしまえば『リゼロ』は異世界に召喚された主人公・スバルがファンタジー世界のいざこざに巻き込まれつつも、現地のヒロインや登場人物を助けていく物語です。

 よくある物語のように思えますが、この物語最大の特徴は異世界召喚時に得たスバルの「死に戻り」能力にあります。この死に戻りとは死ぬと一定間隔で記録されているポイントまで意識が戻ってしまう現象のことです。

 今回はこのスバルの死に戻りポイントを参考にし、物語を大きく4つに分け振り返っていきます。

1.エミリアとの邂逅 徽章奪還編

2.ロズワール邸 魔獣の呪い編

3.王戦開始 白鯨討伐編

4.魔女教討伐編

◆エミリアとの邂逅 徽章奪還編

リゼロ エミリア かわいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 スバルがエミリアと出会った話と徽章を取り戻す事件が中心になります。この話のスバルは死に戻りに慣れておらず、非常に動揺をあらわにした回と言えます。

 ここでは、フェルトに徽章を盗まれたエミリアが、それを取り返そうとします。その渦中、スバルがそれに対してどういったアプローチを仕掛けるのかが物語のターニングポイントとなっていました。

 スバルはフェルトと交渉し徽章を取り返そうとしますが、徽章を狙うエルザに何度も殺されてしまいます。フェルト、ロム爺、エミリア、そして、最終的にはラインハルトの協力を得てエルザを退けますが、スバルはエルザとの戦闘で重症を負い、ロズワール邸に運び込まれるのでした。

◆ロズワール邸 魔獣の呪い編

リゼロ レム かわいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 この話はスバルが、エミリア陣営の登場人物たちとの出会い、そして信頼を得ていく話です。また、いくつもの死の原因が重なり、複雑化した死の原因を紐解いていく物語でもあります。

 ロズワール邸に運ばれたスバルは、エミリアを助けた褒美を与えると言うロズワールにここで働かせてほしいと願いました。願いが叶い、館の下男としてラム、レムに仕事を教わりながらも充実した日々を送っていたスバルですが、なぜか突然死に戻りをすることに。

 複数回の死を経て、スバルは死のトリガーが魔獣の呪いであることを突き止めますが、今度は村の子供たちが呪いの被害に遭っていることに気づき、レムと共に阻止に向かいます。そこでは村の子供たちの救出には成功するも、再びスバル自身が呪いに蝕まれることに……。

 スバルの呪いを知ったレムは、それを解くために1人で魔獣討伐に向かいますが、ピンチに陥ってしまいます。レムを心配したスバルとラムの救援、ロズワールの援護もあり無事事件は解決。

 レム、ラムを救ったスバルはエミリア陣営の信頼を勝ち取るのでした。

(Sponsored)

◆王戦 白鯨討伐編

リゼロ スバル 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 ここでは王戦参加者全員の登場、そして白鯨の討伐と非常に濃い話となりました。そして、スバルが最も醜態を晒した回でもあります。

 また、この回ではスバル1人の力ではなく、死に戻りの知識を使い多くの人を味方につけ事件の対処にあたりました。

 ロズワール邸での事件を解決したスバルは、王戦のため王都へ向かうエミリアを心配し王都での療養を目的として随伴します。しかし、王都でスバルは空回りを繰り返し、ついにはエミリアと喧嘩してしまうことに。

 喧嘩の末、王都に置いて行かれたスバルでしたが、エミリアが魔女教に襲われていると情報を得て救援に向かいます。しかし、時既に遅く、ロズワール領地にいる全ての住人が虐殺されるという大惨事になってしまいました。

 死に戻りをし、魔女教の虐殺を止めようと奮闘するスバルでしたが、どの手段も上手く行かず絶望します。そして何度目かの死に戻りの際、スバルはレムを連れ2人だけでも逃げようとしますが、レムに諭され再び事件解決に向け行動を開始することに。

リゼロ レム アニメ かわいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 スバルは今までの死に戻りで得た知識を使い王戦候補者であるクルシュ陣営、アナスタシア陣営を仲間に加えるため、彼らの目的である白鯨討伐に手を貸します。白鯨の特殊な能力に討伐隊は苦戦を強いられますが、スバルの活躍もあり無事討伐。本命である魔女教討伐に乗り出すのでした。

◆魔女教討伐編

リゼロ アニメ かっこいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 謎の多かった魔女教との戦い、そしてエミリアとの仲直りを描いた話です。前回の話で大きな醜態を晒したスバルでしたが、この話では、それが嘘のように挽回していきます。

 白鯨討伐を経て、協力を得たヴィルヘルム、ユリウスを中心とした討伐隊は村人を避難させつつ魔女教を各個撃破していく作戦と取りましたが、大罪司教ペテルギウスの能力に苦戦。多くの協力でやっとペテルギウスを倒したかのように思えましたが、スバルの体がペテルギウスに乗っ取られてしまいます。絶望的な状況の中、スバルは皆を巻き込まないようにユリウスとフェリスに自分を殺すよう依頼し、そして……。

 死に戻りしたスバルは、ペテルギウスの乗り移り能力の対策し、再び魔女教に挑み無事これを撃破。魔女教の最後の足掻きでエミリアが危険に晒されるもスバルの機転により無事回避します。

 そして、エミリアに再開したスバルは彼女に思いの丈を告白し無事仲直りするのでした。

 短時間で多くの大事件を経験しているスバルとエミリアですが、彼らの本当の目的は、王戦を勝ち抜きルグニカ王国の王になることです。

 1期では、スバルの死に戻り能力の説明、王戦候補者の登場、裏で暗躍する魔女教の存在など王戦以外の話が多く、ほとんど本当の目的については触れていません。2期では、王戦絡みの話が多くなるのでしょうか。楽しみですね。

(Sponsored)

『リゼロ』は死に戻りで人間関係が複雑に!? スバルとエミリア陣営の関係を紹介

リゼロ レム ラム かわいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 『リゼロ』では、スバルが何度も死に戻りを繰り返すことが原因でスバルと他の登場人物たちの関係が何度も変化してしまっています。

 例えば、スバルとエミリアの関係です。スバルは初めて異世界に降り立った時、エミリアと出会い彼女に命を助けられました。そして、彼はそれについて、とても大きな恩を感じています。しかし、何度も死に戻りを繰り返した結果、エミリアがスバルを助けた過去がなくなってしまいました。そのため、エミリアはどうしてスバルがここまで自分に尽くしてくれるのか、わからない状態になっているのです。

 このように、『リゼロ』は死に戻りが原因でスバルと他の登場人物の間で認識が食い違っていることが多々見受けられます。

 そこでここでは、スバルの最も身近な存在であるエミリア陣営についてスバルとの関係を紹介。

◆エミリア

リゼロ エミリア パック かわいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 徽章騒動、魔獣襲来、魔女教討伐、と多くの事件でスバルに助けられ、返しきれない恩があると考えています。

 しかし、スバルの向こう見ずな性格には毎回心を痛めており、スバルの療養に王都へ行った際は「ここを動かないこと魔法を使わないこと」を約束したにもかかわらず、それを破ったスバルに失望することも……。

 一番始めのルートでは、異世界召喚に戸惑いチンピラに絡まれていたスバルを救った恩人。

◆レム

リゼロ レム かわいい 画像02<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 魔獣騒動の際、スバルにかけられた呪いを解こうと1人で魔獣を討伐に出向き、逆に助けられたことがあります。その絶望的な状況から自分と姉のラムを救い出したことでスバルに好意を抱くことに。

 レムはスバルを自分の英雄と考え慕っていますが、彼が1度レムと一緒に逃げようとした時は、彼を拒絶し再び運命に立ち向かうよう説得することもありました。

 スバルがロズワールの食客になることを選んだルートでは、レムの信用を得るに至らず、エミリアやラムに危害を与える可能性のある存在だとスバルを殺害します。

◆ラム

リゼロ ラム かわいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 ロズワールにスバルを見張るように命令を受けていますが、基本的に危なっかしいスバルを心配する面が多い人物。

 死に戻りによる関係の変化はありませんが、レムが呪いで殺された際は、激怒し一番怪しいスバルを殺そうとしました。

◆ロズワール

リゼロ ロズワール かっこいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 王国一の魔術師であり、エミリアの王戦での後ろ盾。スバルを自身の屋敷で下男として雇っていますが、それだけではなく、何やらスバルに対して別の思惑がある様子。

 ラムと同様に死に戻りによる関係の変化はありませんが、こちらもラムと同じようにレムが呪いで殺された際は、スバルを呪いの関係者なのではないかと疑ったことがあります。

◆ベアトリス

リゼロ ベアトリス かわいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 ロズワールの屋敷にある書庫の司書。高圧的な態度を取る人物である反面、何度もスバルのピンチを救ったことのある人物。スバル自身はそれを覚えているため、ベアトリスをとても頼りにすることも。

 このようにベアトリスは表の態度とは裏腹に、非常にお人好しな性格をしています。実は毎回スバルの傷を完治させているのも彼女。 

 

 ――最初はいい印象を持たれないスバルですが、持ち前の行動力で登場人物の協力、信頼を得ていきます。

 エミリア陣営以外では、特に白鯨、魔女教討伐を経て友好を得たヴィルヘルムとユリウスの存在は大きく、今後もスバルと大きく関わっていくのではないでしょうか。

 この物語は未完であり、またアニメ1期は物語の序盤でしかありません。2期ではどれだけ物語が進むのか、どんな展開が繰り広げられるのか、楽しみですね。

(Edit&Text/天乃ひる)

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイト

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事