<この記事にはネタバレが登場します。ご注意ください。>

 『Re:ゼロから始める異世界生活』2nd seasonでは、今まで援護が多かったスバルが強敵ガーフィールと直接決闘し、視聴者を沸かせました。

 本来、ガーフィールはスバルの勝てる相手ではありません。そこでスバルは、オットーとラムの協力に加え、2つの秘策を使用しました。

 その1つが、フレデリカから受け取った輝石。スバルはこの輝石をパックの依り代とし、ガーフィールの力を吸い取ります。

 そして、もう1つはガーフィールを倒すキッカケとなった、あの技。スバルの腹の辺りから、突然飛び出した「黒い手」のことです。見た感じ、ペテルギウスの「見えざる手」にも似た不可視の攻撃ですが、これは魔女や大罪司教といった魔女因子を持ったキャラの能力だったはず。

 ではなぜ、スバルは「見えざる手」を使えるのでしょうか?

リゼロ スバル ガーフィール タイマン かっこいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

<以下、ネタバレが登場します。ご注意ください。>

◆因子の適合者? なぜ、スバルはペテルギウスと同じ「見えざる手」を使えるのか?

  スバルが「見えざる手」を使用できた理由は実に単純、ペテルギウスを倒した時に魔女因子を引き継いだからです。ペテルギウスを離れた魔女因子は、新たな依り代としてスバルを選びます。魔女因子を取り込むことは、精神に異常をきたすほど危険な行為ですが、彼は魔女因子と非常に相性が良く簡単に適合します。

リゼロ スバル ドナ茶 エキドナ 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 エキドナにドナ茶をもらった際「適合者は違う」「君の中にある魔女因子を刺激した」などのやり取りがありました。この時刺激した魔女因子が、ペテルギウスから奪った怠惰の魔女因子であったため、スバルはペテルギウスと同じ「見えざる手」を使用できたのです。

◆スバルの新技「不可視なる神の意志」の威力と、その代償とは?

リゼロ ペテルギウス 黒い手 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

  スバルとペテルギウスの使用する「見えざる手」は一見同じように見えますが、いくつか違う部分が存在します。

 まず、名前です。スバルはこの「黒い手」を出す技を「不可視なる神の意志」(インビジブル・プロヴィデンス)と命名します。

 そして、彼の「インビジブル・プロヴィデンス」はペテルギウスの「見えざる手」に比べ、威力は大幅に劣り、射程も短いです。何よりペテルギウスが100本以上出していたのに対して、スバルは1本しか出せません。

 また、使用した際は、自分が汚されていくような喪失感や、得体のしれないものが目覚めるような感覚などの精神的代償と“血反吐を吐くレベルの苦痛”の肉体的代償が存在します。

 スバルと魔女因子は相性が良いとは言え、使い続けると何かしらの副作用に苦しめられるのです。

◆将来スバルが手に入れる魔女因子にはどんなものが? 手に入れた新たな技とは?

  物語が進む毎にスバルは大罪司教と対峙し、彼らを打倒していきます。基本は退けたり、捕らえるだけになりますが、中にはペテルギウスのように完全に倒し、魔女因子を引き継ぐことも……。

 ここでは、そんな大罪司教との戦いで、スバルが将来手に入れる特殊能力を紹介していきます。

<以下、ネタバレが登場します。ご注意ください。>

 六章で発現した「小さな王」(コル・レオニス)は、大きくスバルたちを助けることになります。

 「小さな王」(コル・レオニス)の能力は主に2つ。

・離れた味方の位置がおおよそわかる能力

・味方の傷や負担を分かち合う能力

 1つ目の能力も便利ですが、面白いのは2つ目の能力。分かち合う傷や負担は、多岐にわたり、例えば能力の代償なども含まれます。

リゼロ ラム 子供 かわいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 これまでのラムは角がない代償で、戦闘をすると直ぐに体調を崩していました。しかし、スバルがこの能力を使用すると、ラムの負担を軽減することができます。つまり、ラムは一時的に、角があった全盛期の力を発揮することができるようになるのです。

◆スバルとペテルギウス以外にも「見えざる手」の使用者が!? 魔女因子と能力の関係とは?

  スバルとペテルギウスの持ち技である「見えざる手」ですが、サテラも同じような技を使っていたことに気づいたファンも多いハズ。

 サテラも魔女因子を持っているため、スルーしがちですが、大罪司教や魔女は「取り込んだ魔女因子に起因する技を使う」とされています。怠惰の大罪司教ペテルギウスが「見えざる手」を使用し、その因子を受け継いだスバルが「見えざる手」を使うことに違和感はありません。しかし、サテラは嫉妬の魔女。嫉妬の魔女である彼女が怠惰と同じ技を使うことには少々違和感があります。

リゼロ レグルス かっこいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 ここで思い出していただきたいのが、強欲の魔女エキドナと、強欲の大罪司教レグルスです。2人は同じ強欲を司る魔女と大罪司教ですが、使用している技は全く異なる系統の能力でした。

 ここでも原作のネタバレに少し触れますが、実はスバルが別の魔女因子を入手した際も、元の魔女因子と少し異なる能力が発現します。そのことから、魔女因子と能力の系統は、能力を使用するうえであまり関係がないと言えます。

 

  ――「インビジブル・プロヴィデンス」や「コル・レオニス」など、スバルが魔女因子によって発現した技は、特殊なものが多いです。どれも、エミリアやガーフィールに比べると純粋な力では劣りますが、トリッキーな戦術を使うスバルには相性のいいものばかり。

 今は、まだ2つしか発現していませんが、今後の展開次第では、他の大罪司教も打倒し、魔女因子を取り込む展開がくるかもしれません。

〈文/天乃ひる (@amano_hiru

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

【今なら初回31日間無料】

お知らせ

アニギャラ☆REWのLINEアカウントが登場!

職場や学校で盛り上がれるアニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイト

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会