<本記事にはネタバレが登場します。ご注意ください。>

 ついに最終回を迎えようとしている、TVアニメ『五等分の花嫁』2期。そんな本アニメですが、原作の人気エピソードがいくつかカットされているのをご存知でしょうか。

 推しのヒロイン回がカットされるのは悲しいもの。ましてや、今後のキャラたちの心情に関わってくるシーンが省略されてしまえば、視聴者のキャラに対する印象も大きく変わってしまいます。

 では、TVアニメ『五等分の花嫁』2期では、どんな人気エピソードがカットされたのか?

<以下、ネタバレが登場します。ご注意ください。>

◆花嫁との運命のシーン | 旅行先で描かれたキスシーンとは?

<画像引用元:https://www.tbs.co.jp/anime/5hanayome/1st/story/story01.html より引用掲載 ©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会>

 「誓いの鐘」のキスシーンは、アニメ第8話で大幅にカットされてしまった原作第68話のエピソード。

 第8話は、偽五月を探すエピソードが展開。風太郎が三玖の変装を見破ったことで「当たり」と喜んでいた様子が可愛らしいエピソードでした。

 問題のカットシーンは三玖のエピソードが一息ついたあと。観光スポットである「誓いの鐘」を風太郎が見上げていたのを覚えているでしょうか。

 そのシーンでは「誓いの鐘」の前にいた風太郎に誰かが突っ込んできます。そして風太郎は押し倒され、その拍子に鐘を鳴らし……。アニメ第8話はここで終わりますが、原作では「風太郎が誰かに押し倒されるシーン」は、そもそも未来のあるシーンから回想されたものになります。

 そのあるシーンと言うのが、なんと風太郎の結婚式。しかも、花嫁は五つ子の誰か……。

 原作第68話は、ウエディングドレスに身を包んだ花嫁と風太郎が誓いの言葉を交わし、いざ誓いのキスを……というシーンから始まります。そして、参列していた花嫁以外の五つ子が「5年前のあの日 2人は既に……」と振り返る形で先程のシーンに移ります。

 アニメではカットされていますが、風太郎はただ押し倒されただけではなく、五月に扮した誰かにキスをされてしまいます。しかも、ただのキスシーンではなく……。

◆アニメでは未登場 | 四葉の複雑な恋心を描いた人気エピソード

<画像引用元:https://www.tbs.co.jp/anime/5hanayome/story/story09.html より引用掲載 ©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会>

 アニメ第9話は、春らしく心機一転、それぞれの新生活が描かれていました。

 新クラスの学級長に立候補した四葉は、同じく学級長に風太郎を推薦します。驚きつつも学級長になる風太郎。しかし、その後彼が学級長であることに触れられるエピソードはあまりありませんでした。

 アニメにおいてあっさり流された四葉の推薦エピソードですが、原作では恋に揺れることがあまりない四葉の恋模様が描かれています。

 原作第72話では、唐突に風太郎を推薦したことにより「四葉は風太郎と付き合っているのでは……?」と噂が流れます。

 同級生に問い詰められ「私が 上杉さんと つ…つき……なんて 恐れ多い」と照れながら否定しますが、囃し立てられ意識してしまう四葉。

 根も葉もない噂でしたが「風太郎は四葉と付き合っている」と認識する人たち出てくるほど広まってしまいます。それに対し、四葉は「みんな(姉妹)に悪いよ」と気にしていました。

 悩む四葉に、風太郎は「あり得ないだろ」と一蹴。素っ気ない態度に、彼女は「風太郎は恋愛トークが嫌いだった」と気を遣います。

 しかし、風太郎からは「今は、恋愛をそこまで否定する気にはなれなくなった」と前向きな発言が。それを聞き四葉は「誰を好きになって、どんな恋をしても 私は味方です」と恋の応援を表明します。

 その後、四葉はまた風太郎と会っていたこと囃し立てられるのですが、今度は悲しそうに「ないよ、ありえません」と答え、このエピソードは幕を閉じるのです。

 「みんなに悪いよ」という四葉のセリフからは、風太郎を意識しつつもその気持ちを押し殺し、姉妹に譲ろうとする彼女の恋に対するスタンスが垣間見えました。

 アニメでカットされたこのエピソードは「四葉はただ無邪気なだけでなく、恋をする女の子なんだ」と再認識できる重要なものでした。

◆風太郎に友達ができる!?  | 風太郎と武田君の試験バトル

<画像引用元:https://www.tbs.co.jp/anime/5hanayome/story/story10.html より引用掲載 ©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会>

 試験バトルは、アニメ第10話、原作第73話~77話にまたがる少し長いエピソードです。

 第10話前半では、風太郎の誕生日プレゼントを巡る姉妹の思惑と、進級して初の試験を乗り越える様子が描かれています。

 試験では、普段登場することのない同級生の武田君が風太郎に絡んできました。この武田君には

・五つ子が風太郎の足かせになっていると諭す

・風太郎の成績を五つ子の父親に伝える

 という2つの役目が与えられていましたが、原作ではもう少し役目が追加されています。

 原作においての武田君はただの同級生ではなく、風太郎に変わる家庭教師として登場します。というのも、風太郎は前回の試験で成績を落としてしまったからです。それに不安を感じた五つ子の父親は、新たな学年1位である武田君を家庭教師として彼女たちに紹介します。

 しかし、突然違う家庭教師を連れてこられて、五つ子が納得するはずがありません。風太郎も納得せず、家庭教師の座を巡り武田君と試験バトルをすることになります。

 張り切って試験に備える風太郎。一方、武田君は理事長室に呼ばれあるものが渡されます。それは、試験の模範解答。武田君の父親である理事長は、五つ子の父親とパイプを強めるため、彼が家庭教師をすることを望んでいました。それを後押しするための模範解答を渡したのです。

 模範解答を受け取った武田君ですが、自分が模範解答を受け取ったことを、わざわざ風太郎に告げ、なんと一度も見ずに捨ててしまいます。

 そして「不正して得た結果なんてなんの意味も持たない」と正々堂々競うことを宣言。そこで初めて風太郎は武田君をライバルと認めるのです。

 武田君は、五つ子以外に友達のいなかった風太郎にできた初めての男友達です。

 アニメでは、ぽっと出の新キャラですが、原作でこのようなエピソードが展開していたからこそ、次の第11話ではなぜか風太郎と修学旅行の班を組むほど親しくなっていたのです。原作のエピソードを知らなかった方は「どこで、仲良くなったんだ?」という疑問が解消されたのではないでしょうか。

 

  ――意外と重要な人気エピソードがカットされており、驚いた方も多のではないでしょうか。特に、「誓いの鐘」シーンは原作ファンに人気のエピソードです。そのため第8話放送後、Twitterでは非常に残念がる声が多く見られました。

 また、学級長を巡る恋模様は、四葉をフォーカスした数少ないエピソードです。

 そして、武田君のエピソードも、修学旅行のストーリーを補強する重要なエピソードになります。

 ここではカットするには惜し過ぎるエピソードを3つ紹介しましたが、実はアニメ化の際放送されていないエピソードが原作にはまだまだたくさんあります。この機会に、原作未読の方はアニメと一緒に漫画も楽しんでみてはいかがでしょう。

〈文/天乃ひる (@amano_hiru)〉

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

【今なら初回31日間無料】

お知らせ

アニギャラ☆REWのLINEアカウントが登場!

職場や学校で盛り上がれるアニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


TVアニメ「五等分の花嫁∬」公式ホームページ|TBSテレビ

©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁∬」製作委員会

Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.