(Sponsored)

 春アニメも第3話の放送が過ぎ、そろそろ追いつかないと苦労しそう……。

 絵が好みなこのアニメ、設定が複雑そうで敷居が高い……。

 なんてお悩みのアナタ、そうそこのアナタへオススメなアニメがありまして。

 それはずばり、『RobiHachi(ロビハチ)』!

 『RobiHachi(ロビハチ)』は、キャラの関係や設定など、必ずしも頭に入れなくてOK。ノリと勢いで楽しませてくれます。ぶっちゃけ2、3話くらい見逃してもまったく問題ないと思われる、そのくらい「何も考えずに観れるアニメ」なのです。

 本作は、200年以上前に発表された傑作『東海道中膝栗毛』をモチーフとした、SFロードムービーな作風。

 原典の主人公のひとり弥次郎兵衛を「ロビー・ヤージ」、もうひとりの喜多八は「ハッチ・キタ」ともじり、続けて「弥次八」と読む所を「ロビハチ」としてアニメへリメイクした……、

 そんな情報どうでもいい!

「何も考えずに観れるアニメ」である本作品は、何の予備知識がなくとも楽しめます。

 ピンチに表れる巨大ロボ、銀河道中ヒザクリガー! 変形合体と共に流れる、往年のロボットアニメOPを彷彿とさせるBGM! 歌うは串田アキラさん!? 串田アキラさんの無駄遣い!?

 ……と、このくらい阿呆なノリと勢いでゴリ押ししてきますので。最低限必要な情報は、せいぜい「主人公が逃げてて悪役が追ってる」くらいでしょうか。

(Sponsored)

分かりやすい設定に、安心の声優陣。

 「借金取りから逃げる」という至極シンプルな目的から、勢いで地球を飛び出したロビー。なし崩し的に同行することになった、「面白い事」を求める秀才・ハッチ。

 困った彼らは「そうだ、イセカンダル行こう」のCMで話題のイセカンダルへ、厄落としのための逃避行を開始します。「それは京都だろ」とツッコんだら負けです。

 オリジナルと見比べてみるのも一興ではあるものの、あまり真面目に考えてはいけません。実際、第2話でロビーとハッチは大阪(っぽい火星)へ赴きますが、本家で大阪が登場するのは物語の終盤です。

 そして、声優さんの配役も見事。主人公のロビーに中井和哉さん、借金取りのボスに杉田智和さん、マスコットキャラに阪口大助さんと、お馴染みの声と演技力で世界観を固めてくれています。冒険も失敗もする気のない配役なので、「何も考えず観れる」のレベルが上がっています。

 憎めない悪役トリオが歌うEDも、チープな魅力が満載。

 これからロビーとハッチは、京都(っぽい惑星)に行ったり草津(っぽい惑星)に行ったりしながら、イセカンダルを目指すのでしょう。

 厄落としの旅、そのラストでは「本当の幸運は自らの手で勝ち取るもの」「旅はまだ始まったばかり」的な結論に落ち着くのでしょうそんな気がします。

 展開が手に取るように分かっていても何故か観てしまう、なぜなら「何も考えずに観れるアニメ」だから!

 みなさんも、心を空っぽにして『RobiHachi(ロビハチ)』を観ませんか……?

(Edit&Text/ヒダマル)

◆関連する記事

◆Check!!

2019年春アニメ記事一覧

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)


TVアニメ「RobiHachi」公式サイト

Ⓒ馬谷たいが/株式会社ドンツー

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事