(Sponsored)

声優事務所、office-tbに所属されている現在活躍中の女性声優、降幡愛さん。

降幡さんは2014年にアミューズメントメディア総合学院声優タレント学科を卒業し、同年には声優デビューをしました。そしてその翌年には『ラブライブ!サンシャイン!!』のメインキャラ、黒澤ルビィ役に決まり、現在Aqoursのメンバーとしても活動を続けています。

降幡愛(Aqours)

降幡愛さん(Office-tb公式サイトより引用)
画像引用元:Office-tb http://office-tb.com/ http://office-tb.com/furihata_ai/より引用(2017年10月4日閲覧)

黒澤ルビィは降幡さんの演じる代表キャラであり、声優・降幡愛を語る上で欠かせないです。そんなルビィの設定というと、高校1年生であり姉にはAqoursのメンバーである黒澤ダイヤがいます。いわば典型的な妹キャラです。

彼女には弟や妹がおり、私生活では長女であるお姉さんなのです。今回の記事ではこの点に注目をして、ルビィからは気づきにくい、降幡愛さんの魅力を紹介していきたいと思います。

(Sponsored)

普段はしっかり者なお姉さん!?な一面をピックアップ!!

降幡さんが普段はお姉さん全開のしっかり者であることはAqoursのメンバーからも度々言われています。その一例として、2016年の2月、3年生メンバーが担当した生放送『ラブライブ!サンシャイン!! Aqoursニコ生課外活動~トリオだよ!いち、に、のサンシャイン!!~』では「Aqoursメンバーの中で一番のしっかり者は誰?」というメールが届きました。

黒澤ルビィ HAPPY PARTY TRAIN 衣装

降幡愛さんが演じるAqours・黒澤ルビィ
画像引用元:キャラクター万能ラバーマット ラブライブ!サンシャイン!! 黒澤ルビィ HAPPY PARTY TRAIN Ver. 販売元:ブロッコリー

この件に関して黒澤ダイヤ役の小宮有紗さんは即答で「あいあい(降幡愛)だと思うよ。一番周りを見てるし、あんちゃん(伊波杏樹)はリーダーって感じだけど、それをサポートして常にアイデアを出してくれる」と絶賛。他のメンバーも相槌など。これには誰も文句を言うことなく満場一致でした。

また降幡さんが表紙を飾ったフォトテクニックデジタル2017年10月号にて掲載されたインタビューでは、彼女の姉という面について一部語られています。その中で以下のようなインタビュー内容も。

インタビュアー「いい姉弟、姉妹関係ですね!降幡さんの普段の性格は、Aqours9人だったら誰タイプですかね?」

降幡「どうだろう、、うーん。でもやっぱり、ルビィかな。ルビィは妹キャラだけど意外としっかりしてる面もあるし、あとは、私がルビィに近づこうと思っていて、どこかしら似ているなっていう部分を探してますね」

引用元:フォトテクニックデジタル2017年 10月号 出版社 : 玄光社

このように彼女自身も、自分がしっかり者であることは自覚している様です。普段は可愛らしい声と小柄な体格や代表作であるルビィから妹という印象もあるかもしれませんが、姉としての彼女こそが本来の姿なのです。

あまえちゃん!は声優・降幡愛が演じる最高のキャスティング!!

降幡さんが漫画、『とっても優しいあまえちゃん!』のあまえちゃん役として、ボイスアニメの担当CVに抜擢されました!! このあまえちゃんですが、ここまで紹介した彼女にぴったりと言える役だと思うので、ここで紹介します。


本作ですが、新感覚バブコメディ漫画というジャンル付けがされています。内容は作家を目指している主人公が、なかなか上手くいかない状況になると女の子に甘えるというモノ。特徴としては、甘える対象が年下であり、なおかつそれが巨乳小学生という特殊なモノになっています。

みなさんはこのようなシチュエーションは好きですか? 自分は悪くないです(笑)。

あまえちゃんの設定ですが、主人公よりかなり年下と思われます。年下に甘えるのは不思議な感じですが、しっかり者のあまえちゃんにはその包容力があります。

降幡さんの声質は高めの可愛らしい声が持ち味の一つであると言えます。なおかつ降幡さん自体は普段はしっかり者であると。これはもう彼女にあまえちゃんというキャラがベストマッチしていると言って良いでしょう!!

またこのボイスドラマがニコニコ動画で公開されているのですが、24時間ランキングの1位を獲得するなど幸先の良い出だしであり、降幡さん本人からも喜びのツイートが上がりました。

『とっても優しいあまえちゃん!』のこれからに期待大です。

(Sponsored)

姉としての降幡愛が演じる黒澤ルビィの魅力!!

降幡さんは普段は姉であり、そのしっかり者な面こそが彼女の良さであるとして、改めて声優・降幡愛について考えていきたいと思います。

彼女が黒澤ルビィを演じる上でよく言われている言葉があります。

「私は黒澤ルビィとしてステージに立ちたい。黒澤ルビィになりたい」

“Aqours first lovelive ~step zero to one~” や雑誌のインタビューなど多くの場面で、この様な言葉を何度も口にしています。とても重い言葉であり、降幡さんのルビィに対する想いや仕事に対する誠実さが分かる一言です。

この件に関して、『ラブライブ!サンシャイン!! TVアニメオフィシャルBOOK』で、彼女は以下のような発言もしています。

みんなに「ルビィそのままだよ!」っていってもらえたんですが、自分の中では「まだまだ、こんなもんじゃないよ!」と(笑)

引用:ラブライブ!サンシャイン!! TVアニメオフィシャルBOOK 出版社 : KADOKAWA

降幡さんが演じる黒澤ルビィは、ファンから見るとすでに満足している部分が多いみたいですが、本人はまだまだ満足してはいないようです。

それは声優という仕事に対する純粋な向上心かもしれません。しかし私は、である彼女が演じる黒澤ルビィだからこその「まだまだ、こんなもんじゃないよ!」なのだと思っています。姉として妹のいろんな面を見てきた降幡さんならば、そのしっかり者の性格から、さらにより良い演技ができると思います。

現在成長中の声優・降幡愛さん。彼女が自分の良さを引き出して、これまで以上に活躍することが本当に楽しみです!!

(Edit&Text/宮木昴)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】


Office-tb
COPYRIGHTS.(C) office-tb

降幡愛さん公式Twitter @furihata_ai

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事