(Sponsored)

 2018年3月21日、満を持して『ボス・ベイビー』の日本上映がスタートしました。
 『ドラえもん のび太の宝島』や『リメンバー・ミー』といった大作がひしめく中、健闘の集客を見せているようで良かったです。
 さて、そんな『ボス・ベイビー』をワタクシも映画館に観に行ってきたわけですが、端的に言って

 良かった。本当に良かった。

ボス・ベイビー

画像引用元:Boss Baby/ [Blu-ray] [Import]販売元:Dreamworks Animated

 そんな感想がしみじみと漏れる映画でしたね。何度も笑って、最後にはちょっとじーんとくる、素敵な娯楽作品でした。
一見シンプルなメッセージの映画にも思えるのですが、よくよく考えると、その実いろんな見え方のする映画ではないかなと思い、その点をネタバレも含めて、今回は紹介しておこうと思います。

(Sponsored)

表面では兄弟を描いた物語『ボス・ベイビー』

  『ボス・ベイビー』は、7歳の男の子ティムの目線で描かれる物語。

 一人っ子で両親の愛を独り占めできていたティムでしたが、そんなティムの家庭に、ある日、黒いスーツをまといブリーフケースを持った“ボス・ベイビー”が弟としてやってきます。赤ちゃんのボス・ベイビーの面倒に翻弄される両親たちは、すっかりティムへの面倒がおざなりになってしまいます。疎外感を感じるティムはボス・ベイビーを敵視し、どうにかボス・ベイビーを家から追い出そうと考えます……。

 まさに、本作は兄弟という存在が現れた子供の心境を描いた物語でして、そんな兄と弟が真の“兄弟”もしくは“家族”となっていく物語となっています。その点は多くの人が感じられる部分だとは思うのですが、この『ボス・ベイビー』では、実はそれ以外の視点も持った映画であるとも言えます。

ボス・ベイビー ティム

画像引用元:The Boss Baby [DVD] [Import]販売元:Dreamworks Animated

選ばれなかった側でもあるボス・ベイビー

  例えば、この映画をティムではなくボス・ベイビーの視点で観ると、また違った物語に見えるのが面白いところです。『ボス・ベイビー』の世界では、赤ちゃんたちは工場の様なところでベルトコンベアーに送られて、地上の人間達のもとへやってくる存在として描かれます。

 そのベルトコンベアーで運ばれる最中、赤ちゃんたちはくすぐりを受けて、笑わなかった場合は家族に送られず、ベイビー株式会社へ送られ、永遠の赤ちゃん会社員として働かされることになります。映画の主人公、ボス・ベイビーはそんな自分の境遇を受け入れ、自分の仕事に誇りをもってベイビー株式会社での昇進に励むキャラクターとして描かれます。

 選別の描写から見るにベイビー株式会社で働くことになる赤ちゃんはあくまでも少数派であり、限られたエリート層。そういったところからボス・ベイビーは一見、選ばれし者側のキャラクターとも見ることが出来るのですが、実はそんなボス・ベイビーも内心は、親という存在を知らず愛されたことがないことに寂しさを感じているという選ばれ“なかった側”でもあることが中盤で明らかになります。

 そう思うと、ボス・ベイビーが映画の各所で家族やティムに対して見せる寂しそうな表情がより大きく染みますし、見事ボス・ベイビーが本物の家族の一員になることができた映画の結末が、より感動的な物に思えます。この映画は選ばれなかった側であるはずのボス・ベイビーの救いの物語でもあるわけです。

運命に選ばれなかった者がそれを得られた時の姿

  また、特に印象的なのが、映画の最後でティムが“あの”贈り物を送ったあとのボス・ベイビーの喜び様です。

 ティムが家族に受け入れてくれるというメッセージに、ボス・ベイビーが飛び回って喜ぶわけですが、それまでクールだったはずのボス・ベイビーが、そこまで喜ぶ? というぐらいに興奮しているので、その姿は衝撃的です。

 ボス・ベイビーはその時、「クソくらえ」といわんばかりに背広を投げ捨て、さっきまであれだけ身を粉にして注力していた仕事の円グラフをめちゃくちゃにしてしまいます。少しギャグっぽくも見えるこのシーンも、この映画にとっては非常に重要なシーンでしょう。

 結局この映画でボス・ベイビーが務めていた“仕事”だったり、ボス・ベイビーが目標にしていた“昇進”よりも、この映画では“家族”の方が大切なんだと説いているわけです。

 今、仕事に追われて、高い地位を目指している人も、一度自分を見つめなおしてみると良いかもしれません。ボスベイビーと同じく、本当に自分が求めていたものや本当に自分を救ってくれるものは、地位や名誉よりももっと別のものかもしれないですよ。

 
——民族紛争であったり差別問題であったり、まだまだ人間の共存の道には課題が多い中、この『ボス・ベイビー』が生まれたのも然るべき結果ではないでしょうか。

 日々寝る時間を削ってまで仕事に勤しむ “ボス”なあなたこそ、ドリームワークスアニメーションが描く家族や共存の物語をぜひ、体験してください。あなたにこそオススメの映画なのかもしれません。

(Edit&Text/ネジムラ89)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】


映画『ボス・ベイビー』大ヒット上映中!

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事