<PR>

TVアニメ『アストロノート』

 アニメや漫画には、仮面などで素顔を隠すキャラがいますが、実は『ルパン三世』のルパンや『キン肉マン』のキン肉スグルも素顔を隠したキャラであり、本当の顔は知られていません。なぜ彼らは素顔を隠すのでしょうか──?

◆あのサル顔はニセモノだった!?──『ルパン三世』よりルパン

 『ルパン三世』のルパンは変装の名人というのは有名ですが、あのおなじみのサル顔も実は変装によるものだということはあまり知られていません。

 2018年に放送されたアニメ『ルパン三世PART5』の最終回「ルパン三世は永遠に」では、ルパンが峰不二子に素顔を晒すシーンが映されています。とはいえ、はっきりと顔つきが描かれたわけではなく、黒塗りシルエットでの描写だったためその素顔はいまだ明かされていません。

 ルパン家にはアルセーヌ・ルパンが著した「盗術」という秘伝の書が存在します。その第33条には「いかなる時でも素顔をさらすな」と書かれており、ルパンはこの項目を今まで守っていたわけです。そのためライバルの銭形警部はおろか、腐れ縁の石川五ェ門や次元大介でさえもルパンの素顔を知りませんでした。

 アニメでは誰もルパンの素顔を知らないという設定が上手く活かされ、峰不二子ただ一人に顔を晒すことで彼女へのこの上ない親愛が表されています。「ここでこの設定をもってくるとは!」と多くのファンを唸らせた場面でもありました。

◆あのタラコ唇はマスクだった!?──『キン肉マン』よりキン肉スグル

 『キン肉マン』の主人公・キン肉スグル(キン肉マン)も素顔を隠して闘っているキャラです。

 キン肉マンの顔といえば、額に書かれた「肉」の文字、丸っこい鼻に分厚いタラコ唇といった個性的な顔立ちを思い浮かべるでしょう。その強烈なインパクトから、作中ではしばしばブサイクキャラとして扱われることもありました。

 そんなキン肉マンの素顔に近づいたのは、アニメ116話「見た!キン肉マンの素顔の巻」でのこと。ネプチューンマンとビッグ・ザ・武道のマスクを削り取る技「マスク・ジ・エンド」が決まり、キン肉マンのマスクがみるみるうちに削り取られていきます。しかし、マスクの下の顔はテリーマン。このときのキン肉マンはテリーマンが変装したニセモノで、すんでのところで素顔の暴露を免れたのです。

 また、ウォーズマンと死闘を繰り広げる中、マスクの下の素顔がチラっと見えたことがありました。さらに、漫画第36巻の表紙では、マスクが半分ほどめくれた姿が採用されており、実は彼がイケメンであることがうかがえます。

 キン肉マンが素顔を隠す理由は、彼が属するキン肉族には「素顔を誰かにみられた場合、死ななければならない」という厳しい掟があるから。『キン肉マン』は、20247月からアニメ新シリーズの放送が決定しています。キン肉マンの素顔が描かれる日は来るのか、注目したいところです。

◆被り物の下はイケメン男子!──『鬼滅の刃』より嘴平伊之助

 嘴平伊之助はつねに上半身裸で猪の頭を被っている野性味あふれる風貌をしており、被り物の下にはさぞいかつい男の顔が隠れているのかと思いきや、アニメ『竈門炭治郎 立志編』の第14話「藤の花の家紋の家」であらわになったその素顔は、女の子と見まがうほどの美形でした。

 どのくらい美形なのかというと、アニメ『遊郭編』で数々の美しい女性たちを育ててきた荻本屋遣手のお眼鏡にかなうほど。さらに、美にこだわる十二鬼月・堕姫にも「そいつ(伊之助)はまきをを捕らえたときに邪魔をしたヤツだ、美しかった」と美形認定されています。

 そんな伊之助は『週刊少年ジャンプ』で行われた人気投票で、第一回(2017年)は五位、第二回(2020年)は六位と、いずれも高順位を獲得しています。口癖の「猪突猛進!」からも分かるとおりの好戦的な性格と、美しい素顔のギャップが多くの読者の心を掴んだのかもしれません。

◆読者は最終回までダマされていた!──『ピューと吹く!ジャガー』よりジャガーさん

 ピヨ彦をふえ科へと強引にいざなったのが笛吹きのジャガーさん。塗りつぶしたような目が印象的な彼も、実は普段とは別の素顔を持っていました。

 ジャガーさんの素顔について描かれたのは、原作漫画の最終話「めくるめけ、日々」でのこと。

 自身のルーツが“猿”であることが発覚した少しのち、突如として坊主頭になるジャガーさん。トレンドマークのオレンジ色の頭髪は、実はカツラだったことがここで判明します。

 さらには「暑いから脱いじゃお」と顔の皮を引っ張り出し……ビリビリと剥がれていく皮の奥からは、まばゆいほどの光が。ジャガーさんの顔が変装であったという衝撃の事実と、その正体を目撃したピヨ彦の絶叫とともに物語は幕を閉じました。

 ジャガーさんの本当の顔は猿だったのか? 素顔を見ることはできませんでしたが、最後まで『ピューと吹く!ジャガー』の破天荒な作風を貫き通したラストとなりました。

 

 ──彼らの覆面の裏には、いくつものドラマが隠れています。その素顔の秘密を知れば知るほど、驚きとともにキャラクターへの愛着がもっと湧いてくるはずです。

〈文/繭田まゆこ〉

 

※サムネイル画像:Amazonより

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.