<PR>

TVアニメ『アストロノート』

 『ドラえもん』には忘れ去られた設定がいくつもあり、ある女性キャラクターに何人も彼氏がいたりします。今では忘れ去られた設定にはどんなものがあるのでしょうか? また、便利なひみつ道具ですが、中には地球を滅亡へと追い込みそうになった危ないモノがあります。

◆『ドラえもん』忘れられた意外な設定

 『ドラえもん』は長寿作品であるため、さまざまな設定が忘れられているのも仕方がないこと。あまり知られていない意外な設定には、どのようなものがあるのでしょうか?

●ドラミちゃんには「何人もの彼氏」がいた

 ドラえもんの妹のドラミちゃんには、公式設定で彼氏がいることが明かされています。しかも、その相手は1人だけではありません。

 そんなモテ女子のドラミちゃんのお相手の中でも、知名度が高いのはドラ・ザ・キッドでしょう。

 ドラ・ザ・キッドはゲーム『ドラえもん 友情伝説ザ・ドラえもんズ』の中でドラえもんの友人の1人として登場し、その後も映画『ザ☆ドラえもんズ シリーズ』などの作品でも人気のキャラクターとなりました。

 アメリカ出身で、好物はケチャップとマスタードをかけたどら焼き。職業は保安官代理で、特技は射撃や投げ縄……といった、アメリカンな猫型ロボットです。

普段は恥ずかしげもなく歯が浮くようなセリフを口にするプレイボーイですが、ドラミちゃんに対しては「へちゃむくれ」と言ってからかう一面もあります。

 ドラ・ザ・キッドの告白のシーンはないものの、映画『ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?』では、ドラ・ザ・キッドが「言っただろ? お前だけは絶対に守るってな」とドラミちゃんに言うシーンがあり、ラストシーンでもお互いに見つめ合いながら頬を染めています。

 このように、90年代のアニメではドラ・ザ・キッドがドラミちゃんの彼氏としてほのめかされていますが、『ドラえもん』を原作とする方倉陽二氏の漫画『ドラえもん百科』では、別のキャラクターがドラミちゃんのボーイフレンドとして登場しています。

 この本では、毎日デートに誘いにくる隣人「まねき君」、ロケットでドラミちゃんに会いにくる「なり金君」、いつもニコニコ笑顔の「ポテト君」、そしてスターの座を捨ててドラミちゃんのボーイフレンドになった人間顔のイケメン「ペルシャ君」の4人のボーイフレンドが明らかされています。

●ジャイアンは「おままごと」が好き

 ガキ大将という言葉を体現した性格のジャイアンですが、彼には周りに秘密にしている意外な趣味があります。それは「おままごと」です。

 おままごとといえば、一般的には女の子が好きな遊びとされがちです。ジャイアン自身もそう感じているのか、『ドラえもん』の漫画第5巻「おしかけ電話」では、ドラえもんにおままごとをしている姿を見られ、ほかの人には言わないようにと、どら焼きを渡して口止めしています。

 普段なら顔を真っ赤にして目撃した人を追いかけ回すジャイアンが、賄賂を渡してしおらしくしていることから、人には知られたくない大切な趣味であることがうかがえます。

 また、おままごとをして遊ぶジャイアンの部屋には、子供用のおもちゃのキッチンやテーブル、かわいらしい人形などの本格的なおままごとセットが並べられていました。

 はたして、これは妹のジャイ子に借りたものなのか、それともジャイアンが買ってもらったものなのか……。

 普段はガキ大将として振る舞っているジャイアンの、隠された素顔が垣間見えるひとコマです。

詳しく読む⇒ジャイアンが「おままごとが好き」ってホント?『ドラえもん』忘れられた4つの意外な設定

◆『ドラえもん』の危ないひみつ道具

 22世紀の技術で作られたひみつ道具は、便利で面白いものばかりと思いきや、使い方を間違えると大変なことになるものもたくさんあるようです。中には、地球や人類を滅ぼしかねないアブないものも……。

●ヘソリンスタンド──ほとんどドラッグ!?

 ヘソリンスタンドは名前のとおり、ガソリンスタンドの給油機のような形のひみつ道具です。

 ヘソからガスを注入すると、30分間ネガティブな気持ちを感じなくなり、幸福感にひたれる危ないクスリのような道具となっています。

 てんとう虫コミックス25巻の「ヘソリンガスでしあわせに」に登場しており、怪我をしても痛みを感じません。さらに、精神的な苦痛も感じないので、親の財布からお金を盗んだり、スカートめくりをしたりしても、罪悪感を抱かなくなってしまうようです。

 反面、30分経って効果が切れると、その間の痛みをまとめて感じてしまいます。その痛みから逃れるために、ヘソリンスタンドをくり返し使うことになるので、さながら依存性のある薬物のようです。

 痛みは生き物が生存するために必要な反応で、それを教える教育的な目的の道具なのかもしれませんが、作中ではジャイアンとスネ夫に奪われ悪用されます。

 小学生の子供たちがドラッグの常習者さながらにヘソリンガスをキメる、アナーキーなひみつ道具でした。

●バイバイン──おやつを残しただけなのに

 バイバインは名前のとおり、薬液をたらしたものが5分ごとに2倍に増えて、2個から4個、4個から8個と、どんどん増えていきます。

 このひみつ道具の何がアブないかと言うと、1時間後には4096個、2時間後には1677万7216個までふくれ上がる計算となり、実際にのび太は地球を滅ぼしかけることになりました。

 作中ではのび太がおやつの栗まんじゅうをバイバインで増やしますが、食べきれなかった1個を庭に埋めたために、栗まんじゅうが無限増殖を始めてしまいます。

 幸い異変に気づいたドラえもんが小型のロケットを使い、増殖した栗まんじゅうを宇宙に廃棄して事なきを得ました。

 もしあのまま栗まんじゅうが庭に放置されていたら、2時間と経たずにのび太の家は押しつぶされています。さらに天体レベルの質量までふくれあがり、地球も滅亡しかねない状況でした。

 のび太が食べた分の栗まんじゅうが、お腹の中で増えている様子はないので、食べたり壊したりしてしまえば増えることはないと考えられます。本来はこのように危険な事態を起こさないように、増やしたものを廃棄するところまで監督するものなのでしょう。

詳しく読む⇒『ドラえもん』4つの危ないひみつ道具 「これはヤバいクスリ?」「地球が滅ぶきかっけに!?」

〈文/アニギャラ☆REW編集部 @anigala01

※サムネイル画像:Amazonより

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.