<PR>

TVアニメ『アストロノート』

 超サイヤ人ゴッドになるなど、最強のイメージの強い孫悟空ですが、実は意外なザコキャラに負けた過去を持っています。最強の代名詞ともいえる悟空をピンチに追い込んだ敵とはどんな相手なのでしょうか? また『ドラゴンボール』では、食事のシーンがたびたび描かれていますが、中にはゲテモノといえるモノを食したキャラクターがいます。これはヤバいといえる食材にはどのようなモノがあるのでしょうか?

◆悟空をピンチにさせた「意外なザコキャラ」

 孫悟空を負かした敵は意外と多く、物語の序盤では、桃白白やピッコロ大魔王に敗北。また、息子の悟飯が倒したセルには、降参という形で負けています。中には「こんなザコキャラに負けたの?」という戦いもありました。悟空をピンチにさせた意外な敵とは、いったいどんな相手なのでしょうか?

●空腹で力を出せず! ザコキャラの代名詞ヤムチャに初敗北

 悟空が初めて負けた相手は、その後ドラゴンボールでのザコキャラの地位を着々と築き上げていくことになるヤムチャでした。

 お腹が空いて力を出せなかったとはいえ、悟空がヤムチャに負けたことがあるのは意外といえるでしょう。女が苦手なヤムチャがブルマを見て逃げ出したため、悟空は助かります。

 悟空はブルマと出会ったことで旅に出たわけですが、彼女がもし男だったら最初のヤムチャとの戦いでコテンパンにされていたかもしれません。

 その後、悟空は再びヤムチャと戦いますが、お腹が満たされていたため、遅れをとることはなく彼の歯を折るなどその強さを見せつけました。

●超能力にタジタジ! ブルー将軍に倒されそうになったけど……

 悟空はドラゴンボールをめぐって、再三レッドリボン軍のブルー将軍と戦い、ピンチにさせられていましたが、最後のペンギン村の戦いでもブルー将軍の超能力に苦戦し倒されそうになります。

 戦いの場所となったのが、たまたま『ドラゴンボール』の鳥山明先生の作品『Dr.スランプ』に登場するペンギン村だったため、そこには自称天才科学博士の則巻千兵衛と、彼が作ったロボットの則巻アラレがいました。

 千兵衛の「あの人とはげしくプロレスごっこしてあげなさい」の言葉で、アラレがブルー将軍に体当たり。彼をはるか遠くに吹っ飛ばしたため、悟空は命拾いします。アラレとの出会いがなければ倒されていたでしょう。

 ちなみにその後ブルー将軍は、ドラゴンボール奪取の失敗によりレッド総帥から処刑を宣告され、桃白白に舌でこめかみを突き刺され命を奪われます。

 ペンギン村での戦いのあと、悟空はブルー将軍と再び戦うことはありませんでしたが、桃白白を倒しているので間接的にリベンジを果たせたといえます。

詳しく読む⇒実はヤムチャに負けてた?悟空をピンチにさせた「意外なザコキャラ」3選

◆『ドラゴンボール』ゲテモノを食べたキャラ 「会話のできる相手」を食べたヤバい奴は誰?

 『ドラゴンボール』には、空腹を満たすため、生きるためにとんでもない物を食べてしまったキャラクターがいます。そのシーンは、強烈なインパクトからキャラクターの個性を引き立てています。しかし、振り返って考えるとドン引きしてしまう食事シーンでもありました。その中には、ファンの間で黒歴史として語り継がれるものもあります。

●「会話ができる相手」も食べてしまうヤジロベー

 ヤジロベーはシンバルを一刀両断にして倒すと、朝メシとして焼いて食べました。シンバルの外見は虫類のようであったとしても、人語を話す二足歩行の生き物を食べるのは人としてタブーでしょう。

 シンバルとの戦闘は、ヤジロベーが初登場してすぐの出来事でした。シンバルをあっさり倒したうえ、丸焼きにして食べるシーンが読者に与えたインパクトは強かったです。

 トカゲやヘビを食べる地域はありますし、味や食感は鶏肉のようでおいしいと言われています。しかし、いくら悟空に朝メシだった焼き魚を食べられてお腹がすいていたからといって、今まで普通に会話をしていた相手を平気で食べるヤジロベーにドン引きした読者も多かったでしょう。

●黒歴史と化した「宇宙人を生食する」ベジータ

 ベジータは地球に来る前に別の星を攻めていましたが、そこで宇宙人を食べていました。二足歩行かつ知的生命体と思われる宇宙人を生で食べていたのは、ベジータの黒歴史とされています。

 こちらもヤジロベー同じく初登場シーンであり、このワンシーンだけで一気にベジータの存在感が際立ったように思えます。読者に宇宙人を食べる冷酷でとんでもないヤツという印象を与えるには十分でした。

 食べるものが少ない星だったとしても、せめて焼いて食べてほしかったです。生食は危険だと思いますが、戦闘民族サイヤ人は過酷な環境でも効率よくエネルギーを摂取できるように胃腸も特別にできているのでしょうか。

 『30th Anniversaryドラゴンボール超史集―SUPER HISTORY BOOK―』のおまけ漫画において、鳥山明先生はベジータに対して「おまえなんて悟空にやられて死ぬ予定だったのに」と語っています。鳥山先生の発言から、おそらくベジータはただの悪役キャラであり、あえてイメージを悪くするため宇宙人をモグモグしていたと思われます。

 しかし、思いのほか人気が出てしまい、ベジータは悟空のライバルとしてだけでなく、父親としての顔も見せるほど『ドラゴンボール』において存在感の強いキャラクターに変化を遂げました。

 このベジータの活躍ぶりとキャラクターのギャップから、宇宙人モグモグシーンは黒歴史と化してしまいます。ファンの間でネタにされすぎて、フィギュア化までされるほどでした。

詳しく読む⇒『ドラゴンボール』ゲテモノを食べた3人のキャラ 「会話のできる相手」を食べたヤバい奴は誰?

〈文/アニギャラ☆REW編集部 @anigala01

※サムネイル画像:Amazonより

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.