(Sponsored)

 手塚治虫の代表作『どろろ』がリメイクされてTV放送されていますね。この作品は、1967〜68年にかけ「週刊少年サンデー」にて連載後、「冒険王」にて1969年5月号から10月号まで連載されていた漫画です。

 百鬼丸が自分の体を取り戻すために鬼神と戦う旅をするというストーリーですが、50年以上も前のものなんて信じられないくらい面白い!  しかも鬼神を倒して自分の体を取り戻していく度に、体が人間に近づいて弱くなっていくなんて斬新過ぎるお話ですよね!

 そんな『どろろ』の原作は、実は、ある事情により未完作品となっていたのです。こんなに面白いのになぜ未完となったのか? その理由と、気になる今季アニメの結末も予想してみました。

(Sponsored)

 

なぜ打ち切りになった?

 打ち切りのようになってしまった理由は、結論から言うと鬼神との戦いや無惨に死んでいく農民、百鬼丸やどろろの生い立ちなどが「救われない」「陰惨で暗すぎる」「妖怪が怖い」と感じる読者が多く人気が出なかったからと言われています。少年誌だからこそ、明るく楽しい冒険譚の方が期待されたのかもしれませんね。しかし未完だからと言って不人気作品なんてことは全然なく、やっぱり名作は名作なんですよ。

原作の最終回

どろろ 原作

画像引用元:どろろ(1) (手塚治虫文庫全集) 出版社:講談社

 原作は以下のように終わっています。

 百鬼丸が農民たちに圧政を敷いていた父の醍醐景光と母を追放したことで、虐げられていた農民たちの反乱は成功します。しかし景光との戦いの際、何匹かの鬼神を倒したものの まだ全て倒したわけではないため、体を完全には取り戻せませんでした。そのため百鬼丸は残りの鬼神を探し出すため、どろろを残してまた旅に出てしまうのでした……

 実際に原作の最終話を読むと、最後の1話で読者置いてけぼりな急展開&無理やりなモノローグで終了していて、なんじゃこりゃー! な気分になります。まさに打ち切り感満載ですよ(汗)。

 しかし百鬼丸の旅の続きは、アニメや映画、ゲームなどでそれぞれ違った結末が楽しめます。未完作品だからこそ、こうした派生作品が産まれ続けているのでしょうねぇ。

2019年版の結末はどうなる?

どろろ 画像

画像引用元:https://dororo-anime.com/story_detail.html?id=1592&unique=story&categories=48&page=2 より引用掲載 どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

 さて2019年版の今季『どろろ』は、果たしてハッピーエンドになるのか、不幸になるのか……  父の醍醐景光と弟の多宝丸との決着は気になりますが、やっぱりハッピーエンドかそうでないかは、どろろがキーポイントになると思います!

 第9話で、どろろが女の子だと尼さんとの会話でさらっと明かされましたよね。人によっては「男の子で別にいいのでは? 」「何のための設定なのかイミフ」と思った方もいるのでは? ストーリー上は無意味な設定に感じるかもしれませんが、百鬼丸とどろろがいつか共に生きる選択をした場合、大いに意味のあることだと思います。もしかしたら手塚治虫もそれを考えていたからこそ、どろろを女の子にしたのでは……と思うのは私だけでしょうか?

 そこも踏まえて、二人がこれからも離れない結末になるのではないかと私は予想しています!  というか、ぜひそうして欲しいです!!

  というわけで、今季『どろろ』の結末を独自に予想してみましたが、みなさんはどういう結末になると思いますか? 想像もつかない全く新しい展開も観てみたいですね!

(Edit&Text/魔法使い鳥々エリー)

◆Check!!

2019年春アニメ記事一覧

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)


TVアニメ「どろろ」公式サイト

どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事