本来であれば、2021年1月にすでに劇場で公開されていたはずの『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

 しかし緊急事態宣言が発令されるなど、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し延期が発表されました。残念ながら2021年1月末時点で公開日は発表されていません。

 なんだか寂しく感じましたが、実はそんな中であるエヴァンゲリオンに関する新たな映画が公開されました。

 それが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.333 YOU VAN (NOT) REDO.』です。上映期間も短かったので、改めて本作がどんな映画だったのかを紹介しておきます。

エヴァンゲリオン 3.33<画像引用元:https://www.evangelion.co.jp/3_0/index.html より引用掲載 ©カラー>

◆『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.333』とは

 2012年に劇場公開を果たした『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のアップデート版として制作されたのが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.333 YOU VAN (NOT) REDO.』(以下『3.333』)です。

 エヴァンゲリオンの新劇場版シリーズは、公式でバージョン管理をしたタイトルが設けられており、今作も同様。劇場公開されたものが3.0、ディスク版が3.33、と徐々にアップデートを重ね、その延長線上の今回の最新のバージョンが制作されました。

 本作は2012年に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』からおよそ1.6倍の解像度で再撮影し、より高画質で楽しめるように制作されたバージョンとなっています。劇場公開もIMAX®︎スクリーンを対象に行われており、高品質な規格化がされている環境で作品を楽しめる企画となっています。

 詳しくどこがアップデートされたのかは、公式で記事が発表されているので、こちらもご参照ください。

▼【緊急解説】ここが進化した!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.333』IMAX®️上映(1/8より)文:氷川竜介(アニメ特撮研究家)

https://www.evangelion.co.jp/news/q3333_exposition/

(Sponsored)

◆『3.333』の上映中止事件

 上記の解説記事では1月8日より上映をスタートと記載されていますが、厳密には上映をスタートしたのは1月9日からとなりました。というのも、この『3.333』という作品はIMAX®️使用への仕上げ作業において、一部音声トラックの未反映が発覚し、1月8日の当日朝に急遽上映の一時見合わせが発表されたという曰くつきの作品でもあります。

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

 結局、すぐに再納品を果たして、翌日1月9日より上映ができることになりましたが、上映当日に公開中止が発表されるという驚きの体験をさせてもくれた映画となりました。

 こうして1月9日上映をスタートした『3.333』は1月22日までの2週間限定で、無事上映を果たしました。

(Sponsored)

◆『3.333』を観てみてどうだったのか?

 私も、まさか2週間の限定上映とは知らなかったので、最終日前日に明日が上映最終日と聞いて慌てて『3.333』を滑り込みで観てきました。

 さぞかし2012年に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観たときの体験とは違うのだろうな.....と期待したわけですが、正直な話、以前劇場で観たのも8年も前。前にスクリーンで観た時と比較して、「ここが違う!」「あそこも違う!」といった大きな違いを見つけることはできませんでした。

 ただし、改めて『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』という映画が面白い! という体験が出来たのは確か。Amazon Prime Videoで独占配信されたばかりで、直近ですでに物語を3周ぐらい見終えたあとだったのですが、やはりスクリーンで作品に集中して向かい合う体験は、携帯端末で眺めていた時とは違って、音響の迫力なども相まって、冒頭の戦いからこちらのテンション大いにアガるものになっていました。

 高画質になっていることで唯一再発見できたのが、コア化したとされる赤く染まった大地の描写。粒子状になっているという素材感は、IMAXの大画面のスクリーンで観てやっと気づくことが出来た表現の一つでした。

 アップデートされたバージョンとはいえ、別物を見るというよりは、改めて『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を最高の状態で再予習するような体験でした。

(Sponsored)

◆予告だけは明確に別物になっている!

 そんな体験の中で、明らかに別のカットになっていると誰もがはっきり分かるパートが存在していたことは忘れてはいけません。

 そのパートというのが予告パート。

 最初の公開当時は、エヴァ8+2号機なる謎の機体が戦うシーンが描かれる映像が予告のパートに流れていましたが、『3.333』ではナレーションや映像を一新。より『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の内容を明らかにしたものとなっていました。この30秒の予告は、ここでしか観られなかったので、ちょっとお得な気持ちになれましたよ。

 ……なんて言っていたら、なんとこの予告編が、2021年1月29日に放送の『金曜ロードSHOW!』内でも初公開されることが放送前日に発表されてびっくり。

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

 『3.333』を観にきた人だけの特権みたいな気持ちで居たので、少し惜しい気もするのですが、せっかくの映像なのだから一人でも多くの人の目に触れられるのなら、せっかく作った新予告編も冥利に尽きると言ったところ。これを観た人が一人でも多く『シン・エヴァンゲリオン劇場版』をもっと楽しみに思って欲しいですね。見逃した人はぜひ録画しているお友達を探してみましょう。

  予習の時間がまたたっぷり増えたとポジティブに受け取って『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開まで、また旧シリーズからのエヴァマラソンの周回を重ねていきましょう。

〈文/ネジムラ89〉

≪ネジムラ89≫

アニメ映画ライター。FILMAGA、めるも、リアルサウンド映画部、映画ひとっとび、ムービーナーズなど現在複数のメディア媒体でアニメーション映画を中心とした話題を発信中。缶バッチ専門販売ネットショップ・カンバーバッチの運営やnoteでは『読むと“アニメ映画”知識が結構増えるラブレター』(https://note.com/nejimura89/m/mcae3f6e654bd)を配信中です。Twitter⇒@nejimakikoibumi

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

◆アニギャラ☆REWの「LINE」が登場!

アニギャラ☆REWのLINEアカウントができました!

ぜひ下のボタンから友達登録お願いします!!

友だち追加


エヴァンゲリオン公式サイト

©カラー/Project Eva. ©カラー/EVA製作委員会 ©カラー

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事