(Sponsored)

 それぞれの「夢」、「目標」、「事情」によって、美術科と普通科がある私立やまぶき高校に通うため、親元を離れアパート“ひだまり荘”で生活する女の子達と、それを取り巻く人々の何気ない日常を描いた『ひだまりスケッチ』

 すでにご存じの方も多いかと思いますが、テレビアニメ4期『ひだまりスケッチ×ハニカム』のBlu-rayボックスの発売(’17年3月22日売り)と、それを記念した再放送が’17年1月7日(土)から始まるなど、再び『ひだまりスケッチ』に注目が集まっています。

 『ひだまりスケッチ』シリーズを見たことがないのにいきなり、「今回再放送される『ひだまりスケッチ×ハニカム』から見始めても大丈夫だろうか??」と不安な方もいるかと思いますが、心配ありません!

 実は筆者も途中(3期の『ひだまりスケッチ×☆☆☆』第1話)から視聴し、それがきっかけで『ひだまりスケッチ』シリーズのファンになりました。

 そこでここでは、再放送に先駆け、『ひだまりスケッチ×ハニカム』を楽しむためのポイントを解説していきます!

●放送情報
『ひだまりスケッチ×ハニカム』
放送局:TOKYO MX・群馬テレビ・とちぎテレビ・BS11
放送日時:2017年1月7日より毎週土曜日24:30から放送
※放送日時は変更となる場合がございます

【参照サイト】
TBSテレビ公式サイト
http://www.tbs.co.jp/
上記サイト内INFORMATIONの項より文言引用
http://www.tbs.co.jp/anime/hidamari/news/

© 1995-2016, Tokyo Broadcasting System Television

(Sponsored)

“普通”の女の子たちの“日常”を描いているからこそ共感して楽しめる

 前述の通りこ『ひだまりスケッチ』は日常系作品

 全シリーズを通して、ある程度つながりはありますが、一話完結に近いため、途中から観始めてもあまり気にせず楽しむことができます。

 その他にも日常系である故の大事なポイントがあります。それは何気ない日常の描写があることです。

 例えば、第1話では

・朝起きたばかりのゆのの所に宮子が迎えに来る。

・沙英とヒロが修学旅行に行くことをうけて修学旅行について何気ない会話をする話すゆのたち。

・修学旅行の準備をする沙英とヒロ

(これらは一例で他にもありますよ!)

 こういった、リアルの世界でもよく見受けられる、日常の描写がこの作品には多く、それが面白おかしく、またはゆる~く描かれているため、女の子たちの何気ない日常に癒されたり共感したりできます。

 なので、来年の再放送から観ても楽しむことができます。

登場キャラの特徴がよくわかる第1話

 第1話には登場人物の特徴がよくわかる描写が多々あります。

 だから、途中から観ても楽しむことができます。

 再度第1話のシチュエーションを例としてあげますが、沙英とヒロが同級生達と修学旅行話を、ゆのと宮子が盗み聴きをしてしまい、彼女たちに見つかってしまうシーンがありました。

 その際、ゆのは盗み聴きしたことを謝罪。このことからゆのは、素直でいい子であることが大変良く伝わってきました。

 また、上級生の沙英とヒロが、修学旅行で不在の時、ゆのは後輩であるなずな乃莉に対して先輩らしいことをしようと、頑張ろうともしました。

 そのシーンから、ゆのが頑張り屋であるとともに、先輩としてお手本となるようにするなど、マジメな性格であることうかがえます。

 ここではメインヒロインゆのの性格面にスポットを当てて、解説しましたが、彼女以外の登場キャラの特徴がよくわかる描写が、第1話からてんこ盛りなので、『ひだまりスケッチ×ハニカム』から観始めても、登場キャラそれぞれの個性を理解し、作品を十二分に楽しむことができるハズです!

メインキャラの声優さん達が歌うOPテーマがサイコー!!

おーぷん☆きゃんぱす ひだまりスケッチ

画像引用元:おーぷん☆きゃんぱす
ゆの(阿澄佳奈),宮子(水橋かおり),ヒロ(後藤邑子),沙英(新谷良子),乃莉(原田ひとみ),なずな(小見川千明)
販売元:ランティス

 阿澄佳奈さん(ゆの役)、水橋かおりさん(宮子役)、後藤邑子さん(ヒロ役)、新谷良子さん(沙英役)、原田ひとみさん(乃莉役)、小見川千明さん(なずな役)といった、豪華声優陣が、「おーぷん☆きゃんぱす」を歌っているのもこのアニメを楽しむうえで、欠かせないポイントのひとつ!

 乃莉となずなは『ひだまりスケッチ×☆☆☆』(第3期)でひだまり荘の新しい仲間となったキャラです。

 そのため、乃莉となずな、そして彼女たちを演じる原田ひとみさん、小見川千明さんが『第4期』でやっと、ひだまり荘に馴染んだ感がして、従来のファンとしてはとても温かなキモチを得られました。

 ハイテンションかつポジティブな曲調も、この作品の雰囲気や世界観をフルに表現していて、聴き応えバツグン!

 リアルタイムで『ひだまりスケッチ×ハニカム』を観た人の中には、この曲をきっかけに、作品ファンになった人も多いのではないでしょうか?

 まだ、『ひだまりスケッチ』を観ていない人は、この曲を聴くためにも、ぜひ再放送をチェックしてみてくださいね。

再放送をきっかけに『ひだまりスケッチ×ハニカム』をぜひ観てみてください

 正直、4シーズンも放送されていると、第1期から観なくては作品を楽しめないというキモチになるでしょう。

 ですが、『ひだまりスケッチ』は1話完結型かつ、各話キャラの個性を事細かく描いているので、いきなり『第4期』から観ても大丈夫。

 楽しめることマチガイナシです!

 この記事を読んだことで、『ひだまりスケッチ』シリーズに興味を持ち、17年1月7日(土)からスタートする再放送を少しでも楽しんでいただけたらいいなと思います。

 そして、再放送をきっかけに、『ひだまりスケッチ』を好きになって、『第1期』から順に観ていただければイチ作品ファンとして嬉しい限りです!!

(Text/蒼井大地 Edit/水野高輝

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る


ひだまりスケッチ×ハニカム 公式ホームページ|TBSテレビ
©蒼樹うめ・芳文社/ひだまり荘管理組合

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事