『Angel Beats!』放送から10年、『Charlotte』放送から5年の時を経て、Key×ANIPLEX×P.A.WORKSによるオリジナルアニメ企画第3弾『神様になった日』が2020年10月より、TOKYO MX・群馬テレビ・とちぎテレビ・BS11・ABCテレビ・メ~テレにて放送開始となる。

 その『神様になった日』だが、7月25日(土)に、重大情報が続々と解禁された!

 まずは、アニメ映像初出しとなる、第1弾アニメPVが公開!

 さらにメインスタッフ、メインキャスト情報も解禁された。

 メインスタッフとして、キャラクターデザイン・総作画監督を仁井学氏が担当。音楽はMANYO氏、麻枝 准氏が担当。

 メインキャストとして、メインヒロイン「ひな」を佐倉綾音さん、主人公の少年「成神陽太」を花江夏樹さん、「伊座並杏子」を石川由依さん、「国宝阿修羅」を木村良平さん、「成神空」を桑原由気さんが演じることとなった。

 そして、第1弾アニメキービジュアルも公開!

 10月からの放送開始が楽しみでならない!

(Sponsored)

第1弾アニメPV場面カット到着

(Sponsored)

『神様になった日』作品概要

<イントロダクション>

原作・脚本:麻枝 准×制作:P.A.WORKSによる完全新作オリジナルアニメーション企画、待望の3作目が遂に始動!

ゲームブランド「Key」の立役者として『AIR』『CLANNAD』『リトルバスターズ!』など数々の傑作を生み出し、アニメ・音楽とマルチな領域でファンを熱狂させてきたシナリオライター・麻枝 准が原作・脚本を担当!

『Charlotte』制作後、長らく現場から離れていた麻枝 准の中に、再び創作へと駆り立てるある想いが浮かんだ。

”原点回帰”

2020年10月、麻枝 准×P.A.WORKSの贈る、切なくも愛しい物語が新たに誕生する。

<ストーリー>

高校最後の夏休み、
大学受験を控えた日々を送る成神 陽太の目の前に、
ある日突然「全知の神」を自称する少女・ひなが現れる。

「30日後にこの世界は終わる」

そう告げるひなに困惑する陽太だったが、
神のような予知能力を目の当たりにし、その力が本物だと確信する。

超常的な力とは裏腹に天真爛漫であどけないひなは、
なぜか陽太の家に居候することが決まり、2人は共同生活を送ることになる。

「世界の終わり」に向けて、騒がしいひと夏が始まる。

<スタッフ>

原作・脚本:麻枝 准(VisualArt's/Key)          
監督:浅井義之             
キャラクター原案:Na-Ga(VisualArt's/Key)  
キャラクターデザイン・総作画監督:仁井 学       
美術監督:鈴木くるみ   
撮影監督:梶原幸代      
色彩設計:中野尚美      
3D監督:鈴木晴輝        
編集:髙橋 歩               
音響監督:飯田里樹      
音楽:MANYO・麻枝 准
アニメーション制作:P.A.WORKS

<キャスト>

ひな:佐倉綾音
成神陽太:花江夏樹
伊座並杏子:石川由依
国宝阿修羅:木村良平
成神空:桑原由気

<放送情報>

2020年10月より、TOKYO MX・群馬テレビ・とちぎテレビ・BS11・ABCテレビ・メ~テレにて放送開始!

【「神様になった日」公式サイト:www.kamisama-day.jp

【「神様になった日」公式Twitter:@kamisama_Ch_AB

【「神様になった日」特設サイト「麻枝准研究所」:kamisama-maeda-lab.com

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事