(Sponsored)

『キミコエ』8月25日から全国ロードショー

2017年8月25日、ロードショーの映画・『きみの声をとどけたい』(以下、キミコエ)。

今回は、公開初日(8月25日)、新宿で行われた初日舞台挨拶で印象に深かった、NOW ON AIRのコメントと、三森すずこさんと彼女たちの対話をご紹介していきます。

(Sponsored)

感想を言葉に出来ない(片平美那)

「感想を言葉にできないです」

――この映画が公開されてどうですか?

という質問に、こうコメントするのは、本映画で行合なぎさ役を務める片平美那さん(NOW ON AIR)

同じくNOW ON AIRの飯野美沙子浜須賀夕役)さんは、

「(キミコエオーディション)合格からアフレコまで半年。アフレコスタートから半年。この1年は、10年分くらい充実した濃い1年でした」

と、NOW ON AIRのメンバーに抜擢されてから、映画の完成、上映までの1年を振り返ります。

片平さんと飯野さんの言葉からは、本映画が上映されたことによる達成感が垣間見えるとともに、作品自体を心から大切にしていることが強く伝わり、会場が感動に包まれました。

「夏といえば『キミコエ』!と言われるようになって欲しい」

これからの夢は?

という質問に対してこう話すのは、龍ノ口かえで役の田中有紀さん(NOW ON AIR)。

田中さんの発言は、NOW ON AIRメンバーにとって、『キミコエ』は、まるで自分の分身そのもののような作品であり、前述の片平さんの「感想を言葉に出来ない」というコメントをよりインパクトの強いモノに昇華しているように感じました。

NOW ON AIRは、この映画のために結成された6人組の新人声優ユニット。同ユニットのオーディション応募者はナント、約3千人にのぼったといいます。

「キミコエオーディション」で選ばれた彼女たちは映画の声優として、コミケや各地のライブイベント、映画公開前には試写会、ラジオ出演など地道に宣伝活動に励みました。

その努力の結果、『キミコエ』の知名度はモチロン、ユニットの知名度も向上。

こうして、結成約1年後の今、ついに彼女たちの主演映画が公開される運びとなりました。

(Sponsored)

三森すずこさんの言葉に感動の涙をみせるメンバーも・・・

“キミコエオーディション”からNOW ON AIRの見届け役として、メンバー6人をプロジェクトスタート時から見守ると同時に、『キミコエ』にて彼女たちと主演を務めた、μ's(ラブライブ!)やミルキィホームズの活動で人気を集める三森すずこさんは、

「やっと(NOW ON AIRメンバーと共演した映画の)上映の日がきたという気持ちで感無量です」

とNOW ON AIRメンバーと活動をともにした、この1年を振り返りこう述べていました。

最後に三森すずこさんが

「NOW ON AIRのライブに行きたい! モチロン観客席で!」

と言うと涙を流すメンバーも。

この場面からは、1年という短いスパンにも関わらず、三森さんとNOW ON AIRのメンバーの間に、深い絆が生まれていることが会場全体に伝わりました。

そして、感動が生まれると同時に、出演者、来場客の間にも絆が生まれたような温かなムードが生まれました。

 

――映画、『キミコエ』は作品も初日舞台挨拶のように、とてもストレートに心にくる感動的な作品になっています。

夏の締めにぜひ、映画館でご覧ください!

Report&Text/おみ Edit/水野高輝)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る


きみの声をとどけたい公式サイト

NOW ON AIR公式サイト
©キミコエ・プロジェクト

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事