(Sponsored)

近年では動画サイトや定額の動画視聴サービスが充実しているおかげで、気軽に過去のアニメを見られるようになりましたよね。私は休みの日に一気にアニメを見たい派なので、こういうサービスには大いに助けられています。

それはさておき、今回は数あるアニメの中で、富山県に本社を置くアニメ会社、“ピーエーワークス”が作った『お仕事シリーズ』を3作品をピックアップ!

旅館、アニメ制作、町おこしでお仕事をする女の子が主人公の作品の魅力をご紹介いたします!

宝箱―TREASURE BOX― プラチナジェット TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング エンディングテーマ

PAが送る『SHIROBAKO』画像引用元:宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(初回限定盤)
奥井雅美,どーなつ◎くいんてっと
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

ピーエーワークス とは?

P.A.WORKS(社名:株式会社ピーエーワークス。以下PA) とは、富山県南砺市にあるアニメ会社であり、『true tears』、『Another』、『Angel Beats!』といったアニメを世に出しています。

PAは堀川憲司社長が結婚して富山に帰郷した際、アニメ会社が地元に無いことから自分で立ち上げたという、なんともバイタリティ溢れる経緯によって生まれました。

地方ならではの風景をアニメに取り込むスタイルが人気を呼び、新興会社でありながらも多くのファンがいる制作会社でもあります。

特に後述する『花咲くいろは』『サクラクエスト』特定の地方を舞台としたアニメであり、作品内のお祭りを実際に開催したり、作内の都市と実際の市が姉妹都市として提携するなど、アニメを超えた密接な関わりを持つ作品があるのが大きな特徴です!

では、そんなPAが送り出した『お仕事シリーズ』をひとつずつチェックしていきましょう。

(Sponsored)

『花咲くいろは』―桜咲く季節、ここから始まる 新しい自分

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME

『花咲くいろは』
画像引用元:劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME (Blu-ray Disc初回生産限定特別版)
販売元:ポニーキャニオン

2011年4月から同年9月まで放送された、PA初のオリジナルアニメーションの『花咲くいろは』は、石川県の喜翆荘(きっすいそう)という旅館を舞台に、16歳の高校生の松前緒花(まつまえ おはな)が旅館の仲居として働くことになる。

同じ喜翆荘で働く板前見習いの鶴来民子(つるき みんこ)、仲居の押水菜子(おしみず なこ)、ライバル旅館であるふくやの跡取り娘予定である和倉結名(わくら ゆいな)の同い年4人の成長を描いた青春劇です。

母親の恋人が借金を持ったため夜逃げ。しかも母親は緒花を、叔母が経営している喜翆荘に一人で行かせるというトンデモ行動によって、東京からいきなり金沢に引っ越すドラマチックな展開から始まります。

田舎の旅館といった夢のありそうな業界に見えながら、この作品は旅館で働くことの厳しさや若さ故の悩みや悔しさ、そして緒花のどこまでも折れない強い心によって変わっていく喜翆荘の面々といった「現実にありそう」感、舞台の金沢をはじめとした美しい風景がこの作品の大きな魅力です。

特にオープニングアニメーションのサビ部分できびきびと働く旅館の面子の動く姿は、PAならではの丁寧な描かれ方が垣間見える一瞬です。

舞台の喜翆荘は既に倒産していますが、昭和天皇が泊まりに来たという白雲楼ホテルがモデルであり、旅館のある湯ノ鷺温泉のモデルは湯涌温泉、作中に何回も現れる湯ノ鷺駅は、のと鉄道七尾線にある西岸駅を元にしているなど、実際の風景を多く作内に取り込んでいるのも大きな特徴です。

また、作内後半で出てくる「ぼんぼり祭り」はアニメの架空のお祭り行事でありましたが、舞台モデルの湯涌温泉街が2008年に発生した水害の復興イベントとして、またファンによる聖地巡礼を機として大々的にタイアップを図るために実際のお祭りとして開催し、2017年もなお続いているという地元にも根付いた作品となっています。

湯涌温泉ぼんぼり祭りのツイッターやアニメ公式サイトで40回にも渡る製作陣のインタビューなど、舞台裏の世界も幅広く掲げられており、アニメ以外の展開も一見の価値ありです!

(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事