(Sponsored)

アニメ、『ラブライブ!』西木野真姫役を演じ、μ'sメンバーの一員として解散までの6年間、周囲を魅了してきたPileさん。

本日、5月2日Pileさんの誕生日

Pileさんは今年(2017年)4月26日3rdアルバム『 Tailwind(s)』をリリース。

そして、昨日、5月1日から舞浜アンフィシアターで、“Pile Birthday Party !!! 2017”と題した2daysライブを開催中である。

Pile

画像引用元:Melody(初回限定盤A)
Pile
販売元:ビクターエンタテインメント

『 Tailwind(s)』には、アニメ『境界のRINNE』2期のOPテーマ「Melody」(4thシングル)や、アニメ『デュエル・マスターズVSRF』OPテーマ「素晴らしきSekai」(5thシングル)などが収録されており、聴き応えバツグン!

全11曲の中でも筆者が読者の方々にぜひ聴いていただきたい楽曲は、アルバム1曲目を飾る「DASH」だ。

ここでは、Pileさんの誕生日を祝うと共に、なぜ筆者が「DASH」を聴いていただきたいのか? この曲に込められたメッセージやその魅力について語っていく。

(Sponsored)

『ラブライブ!』のオーディションに受からなければ音楽を辞めていた

Tailwind(s) Pile

画像引用元:【Amazon.co.jp限定】Tailwind(s) (初回限定盤B)(CD+DVD)(オリジナルブロマイド特典付)
Pile
販売元:ビクターエンタテインメント

アルバム1曲目を飾る「DASH」は、アップテンポなロックチューンが爽快。春から夏へと徐々に移り変わるこの季節に聴くのに最適な楽曲だ!

DASH」の試聴はこちらから

サビのリリックには、

We can Flyこの大空へ アメイジングな時代なんてKickだっ
僕らはまだ旅の途中
We can’t stop止められない 未体験な夢をつかむ日を
夢見て走り続けよう 大丈夫いまきっとこの道は続いてるから

歌詞カードより引用

 

という言葉が綴られており、前向きな内容になっている。

 

「諦めないことは大事、っていうことですかね。」

CUT 2016年6月号(出版:ROCKIN'ON)p.52より引用

 

ちょうど1年前……つまりμ'sのFINAL LIVEの直後に、刊行された、CUT 2016年6月号(出版:ROCKIN'ON)において、彼女は、「西木野真姫からもらったイチバン大切なモノは?」という質問にこうコメントしている。

「『ラブライブ!』のオーディションに受からなければ音楽を辞めていたと本人が再三語っていた」

CUT 2016年6月号(出版:ROCKIN'ON)p.49より引用

これも同誌に記述されていたモノだ。

Pileさんは今からさかのぼること約10年前’07年に1stシングル「Your is All…」をリリース。デビューを果たす。

しかしながら、本楽曲はインディーズでの発表であった。Pileさんがメジャーで活躍するようになったのは、’10年に始動した『ラブライブ!』プロジェクトが初である。

そして周知のとおり、『ラブライブ!』及びμ'sが大ブレイクしたことによって、彼女は真姫と共に一躍人気声優/歌手の仲間入りを果たし、’14年にはメジャーから念願の1stソロシングル「伝説のFLARE」のリリースを成し遂げた!

【動画引用元】
Pile - 「伝説のFLARE」ミュージックビデオ(Short Ver.)
配信元:Victor Entertainment


 
「DASH」の作詞はPileさんによるモノではないが、彼女のバックボーンを知った上で本楽曲を聴くと、そのリリックは、6年間のμ'sの活動を通し、真姫から教わったモノ彼女への感謝のキモチ夢は諦めなければ叶うという強い想いがひしひしと歌声から伝わってくる。

「DASH」はラブライバー……特に真姫推しの人ならきっと、「ぱいちゃん頑張ったんだね! これからも応援していくよ」という温かなキモチを抱かせてくれるに違いない。

そしてラブライバーでない人も、困難な状況になった時、この曲を聴けば、Pileさんの歌声が背中を押してくれるだろう。

末筆ながら、Pileさん。お誕生日オメデトウございます。これからも、真姫ちゃんとPileさん(筆者は真姫ちゃん推し)を心より応援していきます!

(Edit&Text/水野高輝)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】


Pile Official Web Site
© 2017 Pile Official Website.

Victor Entertainment
Copyright (c) JVCKENWOOD Victor Entertainment Corp.

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事