「夏はポケモン!」という惹句もすっかり懐かしいものとなってしまいました。2020年公開の『劇場版ポケットモンスター ココ』の公開から、毎年のように続いてきたポケモンの映画シリーズが公開されなくなってしまいました。

 『劇場版ポケットモンスター ココ』がコロナ禍で冬公開となった分、一年ずれ込んで2022年夏には新作が公開されると思っていた人も多いでしょうが、残念ながら今年も新作は公開されないようです。

 しかし、新作ではないものの、ポケモンは今年スクリーンには帰ってくるようです

 ポケモン映画25周年を記念した『25周年ポケモン映画祭』と題して、歴代のポケモン映画23作品から、人気投票で選出された3作品が劇場で上映されるという試みが実施されます。

 上映作品は7月15日(金)のTVアニメ『ポケットモンスター』内で発表されるということで、どの作品が選ばれるか楽しみです。

 さて、そんな数多くあるポケモン映画ですが、実はこういった作品を振り返る企画などでも一切触れられることもなく、DVDやBlu-rayが再販されず、デジタル配信もされないお蔵入り映画が存在することをご存知でしょうか? 2022年現在も、公の場に現れることのなくなったポケモン映画、その名は『ピチューとピカチュウ』です。

なぜこの映画は封印状態になってしまったのでしょうか。

◆封印されし『ピチューとピカチュウ』

<画像引用元:Amazon.co.jp>

 映画『ピチューとピカチュウ』は2000年に劇場公開された短編アニメーションです。

 ポケモン映画の第3作目にあたる『劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 ENTEI』の同時上映作品でした。当時は原作となるゲームシリーズの初の続編である『ポケットモンスター金・銀』が発売されて以降では初めてとなる映画ということで、このシリーズから初登場となるピカチュウの進化前ポケモンであるピチューをフィーチャーした作品となっていました。

created by Rinker
¥3,111 (2022/08/13 00:16:04時点 Amazon調べ-詳細)

 ポケモン映画の短編作品は、ポケモンが主役となり、人間のキャラクターは登場こそするものの、顔を映さないことでもおなじみ。本作でもミレニアムタウンという都会にやってきた主人公・サトシがピカチュウを時間まで好きに遊んでいて良い、と自由時間を設けたことをきっかけに物語が始まります。

▼『ピチューとピカチュウ』の内容

 ピカチュウは町の中でピチュー兄弟に遭遇し、ピチューたちに町を案内してもらいます。イヌ型のポケモンであるデルビルに追われるというハプニングに見舞われながらも、無事路地裏の遊び場にたどり着いたピカチュウとピチューは、そこで町中の他のポケモンたちとも仲良くなります。

 夕方になりサトシの元に帰ろうとするピカチュウでしたが、デルビルに再び襲われたり、遊び場が崩壊したりと、アクシデントが発生します。しかし、デルビルの協力もあり一件落着。ピチュー兄弟の手助けを受けながら、なんとかピカチュウはサトシとの待ち合わせ時間に間に合います。こうして戻ってきたピカチュウを、サトシはサプライズパーティーで迎え入れます。実はその日はサトシとピカチュウが初めて出会った記念日であり、サトシはそのお祝いの準備をしていた、というオチでした。

関連する記事

お知らせ

アニギャラ☆REWの

LINEアカウント登場!

職場や学校で盛り上がれる

アニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

関連キーワード