(Sponsored)

 9月5日(木)の「Zeep Nagoya」からスタートしたPoppin'Partyのファンミーティングツアー。これまで大阪、福岡、札幌と大盛況を迎えた本イベントのフィナーレが「Zepp DiverCity TOKYO」で、10月3日(木)に開催された。

 Poppin’Party は、愛美(Gt.&Vo.戸山 香澄役)、大塚 紗英(Gt.花園 たえ役)、西本 りみ(Ba.牛込 りみ役)、大橋 彩香(Dr.山吹 沙綾役)、伊藤 彩沙(Key.市ヶ谷 有咲役)の 5 人で結成されたバンド。スマートフォン向けゲーム 『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』内に登場するバンド・Poppin’Party のキャストが、実際に楽器を演奏してリアルライブを開催している。明るく楽しい曲調から、同年代の気持ちをエモーショナルに歌い上げる曲まで、様々な楽曲を歌いこなす。Poppin’Party のライブは、まさにパーティという言葉がふさわしい華やかな雰囲気を作り出している。

<Photo:Satoshi Hata>

 約1ヶ月に渡って開催された「Poppin'Party Fan Meeting Tour 2019!」。千秋楽の場となる「Zepp DiverCity TOKYO」では、ポピパ(Poppin’Partyの愛称)5人がついに集結。その姿を目に焼き付けようと、2000人を越えるファンで会場が埋め尽くされた。

 ファンミのスタートは朗読劇。これは名古屋、大阪、福岡、札幌とストーリーが繋がっており、東京ではついに完結編のお披露目だ。ポピパのメンバーが宇宙に転送されるという、いつもとは違う雰囲気のストーリーと、目の前でキャストがキャラクターになりきる姿を見ることができたファンは、貴重な体験に興奮を隠せない様子だった。

 そして、バラエティパートが開始。最初のコーナーは大塚が担当する「B.O.E ~Believe Our EKAKIUTA~」。これは、大塚が弾くギターに合わせて、バディとなったメンバーが即興の絵描き歌を披露し、他の3人がお題の絵を描いて当てるというコーナー。“都電荒川線”や、“マスキングのお父さん”、“瀬田薫”という難易度の高いお題の数々にメンバーは困惑。最終的にはピンポイントで正解を導くことはできなかったが、ファンと一緒に考え楽しむことができるのも、ファンミならではだ。

 続く「ポピパ、あのね…」では、西本がMCを担当。本来はポピパのラジオで牛込りみがファンから送られてきたお悩み相談を解決するコーナーであったが、今回はファンミーティングということで特別に全員で回答することとなった。当日会場に来ているファンからの質問やお悩みの数々にポピパらしく明るく答えていく姿はさすがと言える。

 愛美が担当する「ぽっぴん即興劇♪」では、愛美、西本、伊藤チームと、愛美、大塚、大橋チームの2手に分かれて即興劇を演じた。“歯医者”と“お台場の某ショッピングモール”がそれぞれのシチュエーション。どちらのチームも個性の光る演技が繰り広げられ、会場中が笑顔に包まれていく。

 そんなバラエティパートのラストを飾るのは、恒例の「ファンミのテーマソングを作ろう!」。今回の東京会場で完成したテーマソングは、今までのファンミの集大成ということもあり、会場中が一致団結。各会場で行なわれたファンミを振り返るキーワードと、東京会場で生まれたキーワードを掛け合わせて生まれた曲のタイトルは「P.F.Y」(ポピパ・ファンミ・やりきったよ)。後日どこかで公開予定とのことなので、今から楽しみだ。

 終始和やかな雰囲気に包まれたバラエティパートも終わり、後半はライブパートがスタート。「Yes! BanG_Dream!」のサウンドが鳴るやいなや会場のボルテージも最高潮に上がっていく。曲に合わせてサイリウムを振るファンも全力全開。ポピパの演奏に呼応して大きな歓声を浴びせていた。そんな熱気を帯びた勢いそのまま、「前へススメ!」、「Time Lapse」を披露し、ラストは東京公演のサブタイトルにもなっている「Dreamers Go!」でフィニッシュ。「ポピパは5人でポピパ」と皆が言うように、ファンミ初の5人揃っての演奏は、元気で力強い、これぞまさに“ポピパの演奏!”を魅せつけてくれたと言える。

 さて、ポピパは現在修業期間中だが、そのパフォーマンスが確実に進化していることを今回のファンミツアーで示してくれた。さらなる成長を見せてくれる彼女たちの、次なるステージを今から心待ちにしていてほしい。

◆公演内容
  
朗読劇

  ―トークコーナー―
挨拶
B.O.E ~Believe Our EKAKIUTA~
ポピパ、あのね…
ぽっぴん即興劇♪
ファンミのテーマソングを作ろう!
前半まとめトーク

―ライブパート―
M1. Yes! BanG_Dream!
M2. 前へススメ!
M3. Time Lapse
M4. Dreamers Go!

Poppin'Party Fan Meeting Tour 2019!東京公演 出演メンバーコメント

東京公演に参加した愛美(戸山香澄役)・大塚紗英(花園たえ役)・西本りみ(牛込りみ役)・大橋彩香(山吹沙綾役)・伊藤彩沙(市ヶ谷有咲役)の5名から、公演を終えてのコメントが到着!

Q1. ファンミツアーで初のフルメンバー公演、久々の5人でのステージはどうでしたか?
【愛美】
みんなの頼もしさがDreamers Go!でした!
【大塚】
「家」って感じでした。安心してるんだろうなあ。ただいまー!
【西本】
安心感と安定感。5人だからできるゆるゆるでポピパらしい時間が大好きです。
【大橋】
やっぱりポピパは5人でポピパだなと思いました!たくさん笑った~!!!!
【伊藤】
やっぱり5人でポピパ!楽しかった~!嬉しかった~!!

Q2. ついに完結したファンミツアー朗読劇。最も印象に残っているのはどの公演でのエピソードですか?
【愛美】
「人ではない」というポピパ流行語大賞(札幌公演)
【大塚】
名古屋かなあ。出だしという意味で…。新鮮なメンバーでのステージでした!(名古屋公演)
【西本】
圧倒的「人ではない」の存在感(笑)。でも大阪で牛込ちゃんがツッコミの練習してたから是非ツッコミになれるように頑張ってほしい!(札幌公演&大阪公演)
【大橋】
北海道公演の話がおもしろそうだったので、ききたかったです(笑)(札幌公演)
【伊藤】
新喜劇!いっぱい練習して手ごたえもありました!(大阪公演)

Q3. 「修行」の一環として開催されたファンミツアーですが、ご自身の最大の成長ポイントは?
【愛美】
ギター力(ぢから)!人数が少ない時ほど自分の音が目立つので、いつもよりギターの演奏に関して緊張してました!
【大塚】
なかなかハードなスケジュールの中での遠征だったので、その中でもきちんとショーをやらなければ…っていう。調整力みたいなものは身についたかなと。
【西本】
アドリブ力とライブパフォーマンス。それから、ベースボーカル(笑)
【大橋】
少人数で演奏する機会があまりなかったので、さらによく音を聴いて演奏するようになりました!!
【伊藤】
アドリブ力…?即興力かな!どんな無茶もこーい!

Q4. 自由にコメントをどうぞ!
【愛美】
「P.F.Y」やりきったよ!ポッピンファンミやりきったよ!
【大塚】
愛情をいっぱいに注がれたPoppin'Partyの種はすくすくと育ち、5つの大輪の花として宇宙へと響いていくのでした。ポピパー!
【西本】
宇宙へ!ドリーマーズゴーできました!バンドリーマーのみんなと、これからも宇宙よりもっとその先へDreamers Go!
【大橋】
ついに、全部終わりました~!!たくさんのバンドリーマーに会えて嬉しい♪またファンミ、もう明日にでもやりたいです!!(笑)
【伊藤】
やりきったよ。

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事