『Re:ゼロから始める異世界生活』(略称、リゼロ)には、本編のある地点から分岐したIFストーリーがいくつかあるのをご存知でしょうか。

 本編中にスバルが下した重大な決断の結果、もし別の選択肢を選んでいればこうなっていたというのがIFストーリーになります。

 そのほとんどが、いわゆるバッドエンドというもので、IFストーリーではいろんなキャラクターが不幸になっていく悲しい物語ばかりです。しかし、その中で唯一バッドエンドではなくハッピーエンドとも取れるIFストーリーがあります。

 それがスバルとレムの結婚生活を描いた『Re:IFから始める異世界生活』です。

 今回はそんなあったかもしれない鬼の物語『Re:IFから始める異世界生活』を紹介していきます。

リゼロ 2期 レム 可愛い 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

(Sponsored)

◆あったかもしれない鬼の物語 IFから始める異世界生活とは?

リゼロ 2期 レム 可愛い 画像02<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 『Re:IFから始める異世界生活』とは、スバルとレムがあらゆる困難から2人で逃げてしまった、もしものお話です。

 ルート分岐は3章の後半に差し掛かった辺りで、スバルが死に戻りの理不尽に打ちのめされ全てを諦める代わりに、せめてレムだけはとプロポーズしたシーンからになります。

「レム、俺と一緒に逃げようどこまでも」

 本編では、このプロポーズは断られるもののレムに励まされ、スバルはもう一度困難に立ち向かうことになります。

 これは『リゼロ』屈指の名シーンですが、スバルと駆け落ちするレムもみてみたいと思った視聴者は多いのではないでしょうか。特にこの3章が終わってからレムの出番はほとんどありません。IFの物語でいいから可愛らしいレムをもう一度と願う視聴者は大勢いるでしょう。

 そこで、今回紹介するのがあったかもしれない鬼の物語『Re:IFから始める異世界生活』になります。

 この物語は、序盤こそ逃げた負い目を2人が感じる重苦しい空気がありますが、それが晴れればスバルとレムがイチャイチャする甘い物語になります。それはもう惚気話ばかりで胸焼けしてしまうほどです。

リゼロ 2期 レム スバル 結婚 画像02<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 スバルのプロポーズを受けることにしたレムは、スバルと共に全てから逃げ出すことを選びます。しかし、ロズワール家以外に身寄りのない2人には当然行くところなどありません。各地を転々としていたところ偶然の縁からカララギ都市国家のバナンに行きつくことに……。

 そこで2人は結婚します。結婚描写はありませんが、バナンでレムはナツキ・レムと名乗っており、また新婚である様子もうかがえるので、おそらく移住してすぐに結婚したのではないでしょうか。

 そんな新婚夫婦であるスバルとレムですが、全てが順風満帆だったわけではありません。新しい環境にスバルの仕事が上手くいかず、定職に就けないスバルをレムが養うというダメダメ状態に。あやうくレムのヒモになりかけるスバルでしたが、なんとか定職を見つけることに成功しバナンでの平和な家庭を築いていきます。

 苦難の多い『リゼロ』ですが、もしかすると『Re:IFから始める異世界生活』はもっとも平和で幸せな物語かもしれませんね。こんな甘いIF物語を出してしまっては、本編の大団円が物足りなく感じてしまうのではないかと心配になってしまうほどです。

 『Re:IFから始める異世界生活』は、とてもよくできたIFストーリーなので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

(Sponsored)

◆あのスバルとレムに子供が!? スバル似の「リゲル」 レム似の「スピカ」とは?

リゼロ 2期 レム スバル 結婚 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 『Re:IFから始める異世界生活』では、なんとスバルとレムの子供も登場します。しかも、2人も!?

 あのスバルに子供ができるなんて驚愕ですね。そもそもスバルもまだ子供なのに、もう父親? って感じです。

 バナンでの生活を始めたスバルとレムは仕事が見つかってすぐに、子供ができてしまいます。当時を振り返りスバルは若さ故の過ちとしていますが、実際問題とんでもない出来事だったでしょう。あのレムが顔を真っ青にしていたほどです。

 新生活、新しい仕事、出産、そしてある一連の事件と怒濤の日常を送っていくスバルとレムですが、息子リゲルが産まれてからは割と落ち着いた日常を送ることになります。

 その息子のリゲルは、それはもうビックリするほどスバルそっくりで、強面な顔だけじゃなく、その喋り方もそっくりです。そのため文章ではスバルとリゲル、どっちのセリフか混乱してしまうことも。

 また、その生き様もスバルそっくりで、スバルとリゲルの関係はスバルとスバルの父親・菜月 賢一との関係を思い起こさせます。

リゼロ 2期 スバル 父親 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 『リゼロ』第29話では、スバルが父親の言動に振り回されるシーンがたくさんありましたよね。その様子は父親と遊んでいる息子といった感じで非常に微笑ましくもありました。

 スバルとリゲルの関係はまさにそんな感じです。

 実際にはそこにレムもいるので、もっとややこしいかもしれませんがね。

 レムは子供ができた後も、スバル君好き好き大好き状態なので、スバルとリゲルが喧嘩をすると、どんな状況でも絶対にスバルの肩を持ちます。また、スバルが突拍子ないことをした時は、それを止めることができなかったリゲルがレムに責められることも……。

 これらはモチロン、レムにとっては軽い冗談なのですが、レムのスバルへの愛情が行き過ぎているため、リゲルからすると全く冗談にはみえません。

 そんなラブラブ夫婦に振り回される息子リゲルですが、彼もちょっと普通の鬼ではありません。リゲルは人間と鬼のハーフなので、血筋的にも普通ではないでのですが、それだけではなく、なんとリゲル、超の付くほどのシスコンなのです。

 リゲルは歳の離れた妹・スピカをそれはもう可愛がっており、スピカが初めて口にした名前が「にーに」であったことを一生の宝にしているほど。

 リゲルのスピカへの愛は驚くほど深く、そういったところは、レムに似ているなと感じます。

 スピカは非常に幼いため作中ではほとんどセリフがありません。しかし、家族の一員としてスバル、レム、リゲルから大きな愛情を受けているキャラクターでもあります。

 『Re:IFから始める異世界生活』では、スバル、レム、リゲル、スピカは本当に仲のいい家族として描かれており、まさに理想の家族と言えるでしょう。

 スバルは元の世界で家族と上手くやれなかったことを後悔していました。それがIFの形ではありますが、少しは解決されたのではないでしょうか。

 スバルに振り回されるリゲルや幸せそうなナツキ家をみたい方はぜひ、『Re:IFから始める異世界生活』を読んでみてください。

(Sponsored)

◆これぞ「なろう」物語!! スバルが使用する意外な現代知識とは?

リゼロ IF スバル 子供 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 「なろう」物語の定番といえば、現代知識を使っての「俺スゲー」ですよね。

 『リゼロ』本編はかなり殺伐としているため、現代知識を使うスキも役立つ場面もほとんどありませんが、『Re:IFから始める異世界生活』では現代知識がちょくちょく登場し活躍します。

 そのスバルが使う現代知識とは、なんとお祭りです。

 スバルは自分の住んでいる街を活性化させようと日本にあるお祭りをドンドン実践していきます。

 特にスバルは節分に拘りを持っており、豆まきに始まり、恵方巻、柊鰯と多くの祭りを街に広めていき、豆まきなどは街の一大イベントになっているほどです。

 その祭りがバナンの街に及ぼす経済効果は大きく、スバルはバナン文化振興会の代表を務めるまでになっています。

 仕事がなくて、レムのヒモになりかけていたのがウソのような成り上がりですね。

 さらに、スバルが考案したお祭りはドンドン規模が大きくなり、毎年節分の季節になると鬼に扮したリゲルに向かって街の人たちが一斉に豆を投げるという狂気のイベントに変化しています。

 『Re:IFから始める異世界生活』では、スバルの破天荒な企画に振り回されるリゲルというなんとも平和なストーリーを読むことができます。

 

 ――以上が、『リゼロ』マル秘エピソード『Re:IFから始める異世界生活』の紹介です。

 この物語は本当に幸せそうな日常が描かれている話になりますので、本編の激しく移り行く展開に疲れてしまった方や、レム成分の足りなくなってしまった方にオススメのエピソードとなっています。

 スバルとレムがカララギに訪れた初期の生活はDVD/BD全巻購入応募特典で入手が困難ですが、カララギで生活を始めて数年後の物語は「小説家になろう」『Re:ゼロから始める異世界生活』のページで簡単に読むことができます。

 気になった方はぜひチェックしてみてください。

 ※この記事ではWeb小説番外編であるスバルとレムのカララギでの生活を描いたIFストーリー

『ナツキ・レム』

『鬼も幸福も』

『フォーチュンロール・ラプソディ』

『ナツキ・リゲル』

『フォーチュン・フィッシュヘッドツリー』

『フォーチュン・セツブンホロゥ』

 そして、これらの前日談であるDVD/BD全巻購入応募特典『Re:IFから始める異世界生活』を総括して『Re:IFから始める異世界生活』と呼んでおります。

(Edit&Text/天乃ひる)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイト

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事