(Sponsored)

 みなさんは、現在放送中の『多田くんは恋をしない』(通称、『多田恋』・『ただこい』)というアニメをご覧になっていますか?

 この作品はテレビアニメ『月刊少女野崎くん』でもお馴染みの、動画工房により制作されたオリジナルテレビアニメです。それゆえに、原作付きのアニメと違って、視聴者側は今後の展開が一切読めないという大きな特徴があります。

【動画引用元】

TVアニメーション「多田くんは恋をしない」PV第2弾

配信元:KADOKAWAanime


 そんな『多田恋』も、アニメ放送第10話まで到達しました。

 第10話は、多田くんたちに何も告げずに、テレサとアレクが急に帰国したところで終わります。この後の展開はいったいどうなるのでしょうか?? とても気になるところですね。このあとハッピーエンドになるのか? それとも、悲恋で終わってしまうのか?

 本記事では第11話以降の展開をいくつか予想してみました。

(Sponsored)

予想1:多田くんは、テレサのことを追いかけてラルセンブルクに行く

 やっとテレサに対しての恋心を自覚した多田くんは、テレサのことを追いかけてラルセンブルクに行きます。

 テレサはシャルルと婚約予定でしたが、多田くんへの思いを完全に断ち切ることができませんでした。彼女はシャルルとの婚約を破棄し、多田くんの元へ駆け彼と身分の違いを乗り越えて結ばれます

 ハッピーエンドですが、このENDだと、シャルルはいったい誰と結ばれるのか気になるところです……。

予想2:テレサは予定通りシャルルと結婚し、ラルセンブルクの女王となる

 テレサのことを追いかけて、苦手なハズの飛行機に乗りラルセンブルクに行く多田くん。

 多田くんはそこでテレサに会い、きちんと最後の別れの言葉を告げます。テレサは予定通りシャルルと結婚。ラルセンブルクの女王となり、多田くんはそんなテレサのことを暖かく見守る――。そして、多田くんはもう恋はしないと心に誓うのでした。

 まさしく悲恋ENDです。多田くんが飛行機に乗る際には、伊集院あたりが付き添いをするのでしょうか。

予想3:日本にテレサとアレクが再度やってくる

 テレサとアレクが帰国したのはあくまで一時的なものであり、季節が冬になったとき、日本にテレサとアレクが再度やってきます。

 戻ってきたテレサとアレクの姿を見て大喜びする多田くんたち。

 なんと、テレサはシャルルとの婚約を破棄してきたと彼らに告げます。テレサは、多田くんに自らの想いを告白し、多田くんはその気持ちに応える……。

 こちらもハッピーエンドです。

予想4:多田くんはそのままテレサのことを諦めてしまう

 テレサのことを気になりつつも、追いかけない多田くん。多田くんはそのままテレサのことを諦め、もう一生恋はしないと心に誓います。テレサは予定通りシャルルと結婚し、ラルセンブルクの女王に。

 そして数年後の桜の季節に、とある場所でテレサと多田くんは偶然再会。当時のことを思い出して瞳を潤ませるテレサと多田くん。お互いが元気なのを確認したあと、ふたりはそれぞれの生活へと戻ります。

 こちらは悲恋ENDであり、数年後に偶然再会するというのがまた切ないです。

ハッピーエンドで終わって欲しいけど、悲恋で終わってしまいそうな予感・・・

 個人的にはぜひともハッピーエンドで終わっていただきたいものですが、アニメのエンディングテーマである「ラブソング」の歌詞に注目してみると、悲恋で終わってしまいそうな予感がします。

 エンディングテーマ「ラブソング」はサンボマスターの山口隆さんが作詞作曲を担当。とても切ない曲となっております。

 『多田恋』のエンディングではテレサ役の石見舞菜香さんが歌っていますが、原曲はサンボマスターの方が歌っており、そちらも素晴らしい出来となっておりますので、興味のある方はチェックしてみてください。

 また、本作には、「この恋を、一生忘れない」というキャッチコピーがついています。このキャッチコピーにも、『多田恋』のエンディングの真相が隠されているような予感がしますよね。

 

――いかがでしたでしょうか。テレサや多田くんだけではなく、アレクや伊集院、シャルルも最後はどうなるのか気になるところです。最後はぜひ彼らにも幸せになっていただきたいですね。

 残りあと3回放送予定のようですので、これからの展開を一緒に見守っていきましょう!

(Text/harupon Edit/水野高輝

【今この記事も読まれています】


TVアニメ「多田くんは恋をしない」公式サイト

©TADAKOI PARTNERS

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事