心がホッコリするフルカラー猫“人情”漫画『トラとミケ』が、Twitter発のショートアニメで映像化されることが決定した。

 『トラとミケ』は、ねこまき先生による大人気漫画。第 24 回 2021 年文化庁メディア芸術祭マンガ部門・審査員推薦作品に選ばれ、「週刊女性セブン」(小学館)での連載開始時から、しみじみ幸せな世界観が大きな話題を呼び、単行本も第 3 巻まで発売されている。

 ねこまき先生の作品は他にも、『世界ネコ歩き』で知られる世界的動物写真家・岩合光昭氏が監督を務めて実写映画化したベストセラー『ねことじいちゃん』、2018 年にアニメ化された『まめねこ』などが知られている。

 本アニメは、ティザーサイトがすでにオープンしており、アニメは 2021年85日(予定)より、全24話が作品公式Twitterアカウントにて順次配信される予定だ。

◆アニメ『トラとミケ』作品概要

【あらすじ】

つらいときも、悲しいときも、何があっても、あそこに行けば、美味しい料理とお酒、そしてトラさんとミケさんの笑顔が変わらず待っている――

名古屋にある老舗のどて煮屋「トラとミケ」。経理を担当する姉のトラと、調理と接客を担当する妹のミケが切り盛りするお店は、いつも常連さんたちの笑い声で賑やかに夜は更けていく。

【メインスタッフ】

  • 原作:『トラとミケ』   著/ねこまき(ミューズワーク)(小学館)
  • 監督:山本雄三
  • アニメーション制作:キャラクション

《『トラとミケ』(原作)プロモーションビデオ》

▼トラとミケ   いとしい日々

▼トラとミケ2   こいしい日々

◆原作情報

2021 7 8 日から発売中!

 ■『トラとミケ 3 ゆかしい日々』

  • 作:ねこまき(ミューズワーク) 小学館
  • 定価:1375 円(税込)

 実写映画化もされたベストセラー『ねことじいちゃん』の作者・ねこまき先生が、何気ない日常のいとおしさを、四季折々の情景とともに描いて大反響の『トラとミケ』。

 時代とともになくなりつつある昭和の風情は懐かしくて新しく、酒場詩人・吉田類さんは、「美味しい料理と心の触れ合い。『トラとミケ』は、ぼくが大好きな昭和酒場そのものだ」と大絶賛評をしている。

 今巻も全編フルカラーで収録。特別編も収録した大増量 192 ページ、たっぷり堪能していただきたい。

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

【今なら31日間無料】



お知らせ

アニギャラ☆REWのLINEアカウントが登場!

職場や学校で盛り上がれるアニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


© ねこまき・小学館/ アニメ「トラとミケ」製作委員会

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.