ピクシブが、「スタジオ地図」10周年および、細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』の公開を記念し、「スタジオ地図」とコラボレーション。特別企画が2021716日(金)より実施中だ。

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る(全7枚)

 「スタジオ地図」は2011年に細田守監督作品の制作拠点として設立されて以来、『未来のミライ』『バケモノの子』『おおかみこどもの雨と雪』など、国内外で評価される作品を送り出してきたことで知られている。そして設立から10周年の今年、2021年7月16日(金)に細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』  が公開された。

 今回のコラボレーション特別企画は、ピクシブが運営するイラスト、マンガ、小説作品の投稿コミュニケーションプラット    フォーム「pixiv」、グッズ制作サービス「pixivFACTORY」、3Dキャラの作成・撮影が出来るスマホアプリ「VRoidモバイル」にて実施。

 「pixivFACTORY」では、「つくって『竜とそばかすの姫』」が実施中だ。当企画は、『竜とそばかすの姫』応援イラストをグッズ用のイラスト素材として使用することができる。

「pixivFACTORY」は、Tシャツやクリアファイルなど70種類以上のグッズとイラストを自由に組み合わせ、簡単にオリジナルグッズを制作可能なサービスとして多くのユーザーの人気を得ている。初めてグッズを制作される方や、日頃自分でデザインを作成されない方でも気軽に制作ができ、グッズは1点から注文可能だ。

 「つくって『竜とそばかすの姫』」で使えるイラストは、人気作家によって特別に作画した応援イラストとなる。ぜひ、美しいイラストを使用して、オリジナルグッズの制作を楽しんでほしい。

 また、最新作『竜とそばかすの姫』に加えて、『時をかける少女』『サマーウォーズ』など細田守監督作品 のUTコレクション「細田守アニメーションワークス   UT」と、VRoidのコラボレーションが決定。

 ユニクロと共同開発した、UTコレクションのバーチャルTシャツ(全6柄)を、3Dキャラの作成・  撮影が出来るスマホアプリ「VRoidモバイル」にて7月16日(金)より無料配布。ユニクロにて購入可能な「細田守アニメーションワークス   UT」と同じデザインのTシャツを、自分のアバターに着せることができるのも嬉しいポイントだ!

 そして、「スタジオ地図」10周年を記念し、pixivにて『竜とそばかすの姫』『未来のミライ』『バケモノの子』『おおかみこどもの雨と雪』『サマーウォーズ』『時をかける少女』からピックアップした印象的なシーンを、クリエイターが自分の画風でリドロー(描き直し)するコンテストが開催中だ。

 さらに『竜とそばかすの姫』の場面カットが、映画の公開日に合わせて7月16日(金)に追加された。

 『竜とそばかすの姫』では、主人公の女子高校生・すずが「ベル」というアバターで、超巨大インターネット空間の仮想世界<U>に参加している。本コラボレーションのキービジュアルは、その仮想世界<U>の中で、アバターたちが本UTコレクションを着用している姿をイメージし、共同制作に至った。キービジュアル内のアバターはすべて「VRoid Studio」で制作されている。

 コラボレーション特別企画の参加方法等の詳細は下記からチェックしてほしい。

    ◆企画概要

    《pixivFACTORY「つくって『竜とそばかすの姫』」応援イラストでグッズを作ろう》

    【開催期間】

    2021年7月16日(金〜 9月30日(木) 23:59 予定

    ※本キャンペーンにて、制作した商品を販売することは、禁止されております。

    【参加作家】

    おいしいさめ、こむぎこ2000、さくしゃ2、ちゅーたな、またよし、夜汽車、_an、Airi、Aliya Chen、tamimoon

    ※敬称略、五十音順

    ▼「つくって『竜とそばかすの姫』」特設サイトはこちらから

    https://factory.pixiv.net/stock_images/ryu-to-sobakasu-no-hime

     

    《ユニクロ「細田守アニメーションワークス UT」とコラボ! 同デザインのバーチャルTシャツをVRoidモバイルにて無料配布》

    【開催期間】

    2021年7月16日(金)〜

    ※予告なく配布を終了する場合がございます。

    【バーチャルTシャツラインナップ】

    ・『竜とそばかすの姫』バーチャルTシャツ × 2種

    ・『サマーウォーズ』バーチャルTシャツ × 2種

    ・『バケモノの子』バーチャルTシャツ × 1種

    ・『時をかける少女』バーチャルTシャツ × 1種

    ▼細田守アニメーションワークス UT|VRoid 公式サイト

    https://vroid.com/news/3lFHyR2FjJFFhQfpZqsVGw

    ▼「UTコレクション  細田守アートワークス」公式サイト

    https://www.uniqlo.com/jp/ja/spl/ut-graphic-tees/mamoru-hosoda-animation-works/men/

    ▼「VRoidモバイル」公式サイト 

    https://vroid.com/mobile

    《 pixiv「スタジオ地図10周年リドローコンテスト」開催中!6作品のお題から印象的なシーンを自分の画風でリドローしよう》

    【開催期間】

    2021年7月1日(木) 〜 8月31日(火)23:59 予定

    【テーマ】

    スタジオ地図の6作品の場面カットを元に、あなたの画風でリドロー(描き直し)してください。

    【参加方法】

    以下の指定タグをつけてpixivにイラストをご投稿ください。 タグ:スタジオ地図10thリドロー

    【受賞賞品】

    ▼最優秀賞(1名)

    細田守監督サイン入り非売品ポスター

    ▼優秀賞(若干名)

    スタジオ地図公式グッズ

     

    ▼コンテストページはこちらから

    http://www.pixiv.net/contest/chizu10th

    ◆『竜とそばかすの姫』とは

     2021年7月16日(金)公開のスタジオ地図最新作。

     物語の主人公は、幼い頃に母を事故で亡くして心に大きな傷を抱えてる17歳の女子高校生、すず。ある日”もうひとつの現実”と呼ばれる超巨大インターネット空間の仮想世界<U>と出会い、「ベル」というアバターで参加することに。心に秘めてきた歌を歌うことによって、あっという間に世界に注目されていく「ベル」の前に、<U>の世界で恐れられている竜の姿をした謎の存在が現れる―。

    ▼『竜とそばかすの姫』公式サイト

    https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/

    ©2021 スタジオ地図

    《「スタジオ地図」とは》

     スタジオ地図は、細田守監督作品の企画製作プロデュースを行うアニメーション映画制作会社。  細田監督と、監督がフリーランスになって初監督を務めた『時をかける少女』(2006)からタッグを組んだプロデューサーの齋藤優一郎が、『サマーウォーズ』(2009)を経て、『おおかみこどもの雨と雪』(2012)を制作するスタジオとして、2021年にスタジオ地図を設立。その後、『バケモノの子』(2015)、『未来のミライ』(2018)をリリースし、米国アカデミー賞やゴールデングローブ賞ノミネートなど、国内外で高い評価を獲得。2021年にスタジオの創立10周年を迎え、最新作『竜とそばか すの姫』が7月16日(金)より全国公開中。

    ▼スタジオ地図公式サイト

    https://studiochizu.jp/

    ⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る(全7枚)

    ◆関連する記事

    【今この記事も読まれています】

    Topページに戻る

    【今なら31日間無料】

    お知らせ

    アニギャラ☆REWのLINEアカウントが登場!

    職場や学校で盛り上がれるアニメネタを配信中!!

    ▼友だち追加はこちらから

    友だち追加


    ※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

    ※無断複写・転載を禁止します

    ※Reproduction is prohibited.

    ※禁止私自轉載、加工

    ※무단 전재는 금지입니다.