(Sponsored)

 声優さんやアーティストといった「声」を使ったお仕事の中では、少なからず「個性」という要素が重要となってくるのは皆さんもおわかりであると思われます。

「この人の声かっこいいなぁ…」

「この人の歌声は素敵だ!」

「このだみ声が癖になる!」

 そのような理由で好きな声優さんやアーティストファンになった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 ただ、その個性というのはあくまで受け取る側が感じる感性の下で評価されるものであり、具体的な理由をもって証明することは非常に難しいです(わざわざ証明する必要があるのかと言われたら、まぁ別にできなくてもあまり関係は無いのですが)。

 しかし、科学の世界では人間が聞くとリラクゼーション効果を得ることができる特定のノイズがあることが証明されており、中にはそのゆらぎのある声を持つ人間がいることが、長年の研究によって明かされているのをご存知でしょうか?

 今回はその「個性」の中で「科学的に証明された」と言えるであろう「天使の声」と呼ばれる「1/fゆらぎ」をご紹介いたします。

(Sponsored)

「1/fゆらぎ」とは?

 では先に、今回のテーマである「1/fゆらぎ」についてを簡単に紹介いたしましょう。といってもこの「1/fゆらぎ」には学術的要素が多く含まれるので、簡単に紹介すること自体が難しいのです……。

 まず「ゆらぎ」という単語についてですが、これは「規則性のある動き」の中に現れる「不規則な動き」を意味します。

 例えば、川には多くの水が流れていますが、必ず同じ量と同じ運動量で流れているわけではなく、時には遅く、時には早く水が流れますよね。

 また同じように、人間の心臓の動き(心拍数)もある一定のリズムで脈を打っているわけですが、それはメトロノームのようにしっかりと一定を保っているわけではありません。

 数字で表すとすると、4回の脈拍を100で割った時「25、25、25、25」と等間隔で脈打つのではなく「25、20、25、30」というように多少のズレが生じることを「ゆらぎ」というそうです。

 ゆらぎの中を周波数(Frequency=F)を用いて分析した中に出てくるのが、この「1/fゆらぎ」というものだそうです。

 つまり、後ほど紹介する方々は、この「1/fゆらぎ」というゆらぎを持った声の持ち主であるということだと思われます。

 詳しくお知りになりたい方は、「1/fゆらぎ」研究の第一人者である武者利光氏の論文やインタビュー記事を読むことをおすすめいたします。

 では、この「1/fゆらぎ」を持つ方で、今アニメ業界で活躍している人は誰なのかを紹介していきましょう!

花澤香菜さん

花澤香菜 大丈夫

画像引用元:大丈夫(初回生産限定盤)(DVD付) 販売元:SACRA MUSIC

 ご存知我らがざーさん。

 ウィスパーボイスでみんなを魅了する花澤香菜さんは、実は「1/fゆらぎ」を持っていることが、とある企画で証明されました。

 それは、「Astell&Kern(アステルアンドケルン)」というハイレゾ音源対応のポータブルプレイヤーを国内販売する代理店のアユートが企画したもの。

 花澤さんの天使の声を科学的に証明し、かつハイレゾ音源で圧縮された音ではない生に近い音をもっと聞いてもらおう!という企画だそうです。

https://www.iriver.jp/kana_hanazawa/

https://www.mag2.com/p/news/17240

 この企画の中で声紋鑑定などを行う研究所で調べてもらったところ、「1/fゆらぎ」が含まれる声だったということが分かったのです!

 科学的に証明された「天使の声」って聞くだけで素晴らしいですよね!

そういえば花澤さんは『Angel Beats!』で天使役を演じていましたが、まさか本当に天使なのでは……?

大本眞基子さん

 任天堂の代表キャラクターの一人の「カービィ」『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』舞園さやか役で知られる大本眞基子さんも、「1/fゆらぎ」を持つ声優さんだそうです!

 こちらは現状、所属している声優事務所の特技欄に書いてあるだけで、資料などはないのですが……。

http://www.atomicmonkey.jp/jp/archives/talent/omotomakiko

 ただ、プロフィールにあるサンプル音源を聞いてくれれば分かります(特に中盤の『マクドナルド』の紹介PV)。

 なんというか、じっくり聞いているだけでどこか安心できますよね。

Liaさん(歌手)

鳥の詩 Lia

画像引用元:鳥の詩 (2005年:Lia's Cafe ”Prologue” @Shibuya O-EAST) 販売元:queens label

 ご存知PCゲームとTVアニメ『AIR』のテーマ曲「鳥の詩」『CLANNAD』の挿入歌「Ana」などで知られるアーティストのLiaさんも、「1/fゆらぎ」の持ち主と言われています。

 Liaさんもまさにクリアボイスで、歌の一つ一つがどれもどこか落ち着くような印象を持ちますよね。

 個人的には、特にゆったりした歌だと、歌なんだけど朗読を聞いているような気持ちになるんです。

 Liaさんの歌声はこちらをどうぞ。

 特に「一番の宝物」は必聴です。オリジナルのLiSAさんが歌っている力強さとはまた違った印象を感じる歌で、つい涙腺がうるって来てしまいます……。

【動画引用元】

Lia /君の知らない物語【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

配信元:1st PLACE / IA PROJECT

【動画引用元】

Lia / 一番の宝物【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

配信元:1st PLACE / IA PROJECT

「1/fゆらぎ」とリラックス効果

 「1/fゆらぎ」という言葉をどこかで聞いたことがある方は

「リラックスとかする何かだよね!」

 という印象を持つかなと思います。

 実際「1/fゆらぎ」には人間や動物に心地よさをもたらしてくれる効果があることが分かっています。

 難しいことは大きく端折りますが、人間の生体リズム(上記の心臓の脈拍だけでなく細胞の動きレベルで)は基本的に「1/fゆらぎ」をしており、ヒーリング音楽や川のせせらぎといった環境音、建物や年輪などの視覚で認知できるゆらぎを感知することでリラックスできるようになるそうです。似たようなゆらぎを聞く(見る)ことで、生体レベルで安心感を得られるということ……だそうです。

 コンピューターの電子音だけで作られた音楽を聞いて不安さを感じたり、あまりに綺麗かつ全て同じ形で並べられたレンガの建物を見て逆に違和感を感じることがままあるかと思われますが、これは上記のゆらぎ(多少の不規則性)が無いことで、自然的な要素を感じられないからという理由にも繋がります。

……と、ここまで長々と説明をいたしましたが、今回の内容については、

「下記に紹介する人達はそういう不規則性のある周波数を持ってて、それが私達にとって心地よさを感じるんだ」

くらいに思っていただければ大丈夫です。

 今回は「1/fゆらぎ」を持つ声優さん、アーティストを3人紹介いたしました。

 「1/fゆらぎ」を持つアーティストは、美空ひばりさんや宇多田ヒカルさんといった、聞けば「なるほど」と思う方たちばかりです。

 実は声優さんの中にも、証明されていないだけで「1/fゆらぎ」を持つ人がいるかもしれないですね! 茅野愛衣さんや牧野由依さん辺りなんかはもしかして、なんて個人的に想像してみたり。

(Edit&Text/頭皮ぱっしょん)

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事