(Sponsored)

『ボールルームへようこそ』は、社交ダンスの“競技”を舞台にしたアニメ。

ボールルームへようこそ

『ボールルームへようこそ』アニメキービジュアル第2弾
画像引用元:TVアニメ「ボールルームへようこそ」公式サイトトップページより引用(2017年4月14日閲覧)

“ボールルーム”とは、社交場という意味があります。

平凡な中学生、富士田多々良は、ダンススタジオの前でカツアゲに遭っていたところを、そのダンススタジオ所属のダンサー、仙石要に助けられ、そのままスタジオの見学をすることになります。

富士田多々良 『ボールルームへようこそ』

主人公・富士田多々良
画像引用元:ボールルームへようこそ(1) (月刊少年マガジンコミックス) 竹内友 (著) 販売元:講談社

レッスン料が高いからと教室に通う気はなかった多々良でしたが、スタジオスタッフがこっそり鞄に入れた競技ダンスの試合DVDを観てから、ダンスの魅力の虜となります。

翌日、DVDを返しに来た多々良でしたが、勢いで、

「プロのダンサーになりたい」

と告白し、競技ダンスの道を進むことになるのでした。

社交ダンスと聞くと優雅なイメージですが、趣味ではなく試合に出るような“競技ダンス”ともなると、かなり体力を使うスポーツです。ダンサーの人は結構、筋肉ムキムキだったしりします……。

『ボールルームへようこそ』はそんな社交ダンスのイメージを一新してくれる、新感覚スポ根アニメ

今回は、そんな競技ダンスの世界を舞台にした『ボールルームヘようこそ』の魅力をご紹介します!

(Sponsored)

迫力のダンスシーン

スポーツアニメといえば、やはりアニメで繊細な動きがどう表現されているかが気になります。

『ボールルームへようこそ』の原作漫画は、そのダンスシーンの躍動感が魅力のひとつでした。

その躍動感をそのままに、アニメでは、美しく、かっこ良く、ダンスが表現されています。

漫画だと分からなかったステップもアニメだと連続して観られるのも楽しみのひとつですね。

主人公の多々良は、物語の初めは競技ダンスの存在さえ知らなかった素人です。

そんな多々良にダンスを教えてくれるのが、世界的プロダンサーの仙石。

仙石要 ボールルームへようこそ

仙石要
画像引用元:ボールルームへようこそ(7) (月刊少年マガジンコミックス) 竹内友 (著) 販売元:講談社

彼は身長も高くダンスの腕前は一級品。その仙石と動きと多々良の動きの比較も面白いです。

同じ基本的なステップでさえその差は歴然かつ、立ち姿からもプロと素人だというのが一目瞭然です。

この上手さと下手さがはっきりと動きで分かるのもアニメの魅力です。

【動画引用元】
TVアニメ「ボールルームへようこそ」 第4弾PV
Anime PONY CANYON


しかも、多々良は初心者からのスタートということで、どんどんと知識や技を吸収して行って、徐々に上手くなっていく様も見ていて楽しいところ。

アニメでは第1話とその後の多々良の動きの違いが歴然と分かると思いますので、その動きの差も要チェックです!

(Sponsored)

声優陣に注目!

アニメといえば、気になるのがキャラクターの声を務める声優陣です。

『ボールルームへようこそ』は若手とベテランのバランスが良くて、キャラクターの未熟な感じと、それを見守る大人たちがそのまま出ているように思います。

まずは、主人公の富士田多々良を演じる、土屋伸葉さんですが、以前「ハイキュー」にも出演していたものの、主役は初めて!声優を始めてからも間もない期待のルーキーです。

土屋伸葉

富士田多々良を演じる土屋伸葉さん
画像引用元:劇団ひまわりトップページ 「出演情報⇒声優」の項  土屋神葉 アニメ「ボールルームへようこそ」に出演!より引用(2017年4月12日閲覧)  Copyright ©since 2001 Himawari Theatre Group Inc.

お姉さんは、映画などで引っ張りだこの女優、土屋太鳳さん!

なんと土屋太鳳さんのインスタグラムでも弟さんの活躍が紹介されていました。

声優としてはまだまだ初心者な土屋さんが演じる多々良は、多々良くんの成長とリンクして、素晴らしいものになるのではないかと思います。

◆関連する記事

また、彼はバレエを習っていたそうなので、ダンスの基礎はあるとのこと。

ダンス経験者として、ダンスシーンなどの息遣いがどのように表現されているのかも注目ポイントですね。

そして、多々良の同級生で同じダンススタジオの女の子、花岡雫を演じるのは佐倉綾音さん。

佐倉綾音(花岡雫役)

花岡雫を演じる佐倉綾音さん
画像引用元:Ayane*LDK DJCD Vol.2 豪華盤(DVD付) メリー・ナイトメア(佐倉綾音) 販売元:マリン・エンタテインメント

佐倉さんは、可愛らしい役が多いイメージですが、今回の雫は中学生ながらクールで美人しかも、ダンスが超うまいエリート!

佐倉さんも今まで自分が演じたことのない役柄で緊張しているとのこと。

新たな「色気のある」佐倉さんの演技に注目したいですね。

そして、雫のダンスのパートーナーである兵頭清春を演じるのは、岡本信彦さん。

岡本さんは大声で叫んでいるようなキャラクターが多いイメージですが、清春は物静かで何を考えているかわからないようなキャラクター。

しかしダンスはものすごくうまい!

花岡雫 兵頭清春

左が佐倉綾音さん演じる花岡雫。左が岡本信彦さん演じる兵頭清春
画像引用元:TVアニメ「ボールルームへようこそ」公式サイト Storyの項 第3話より引用

今までの役とギャップがありますが、岡本さんがこの兵頭清春を今後もどのように表現してくれるのか楽しみです。

そして、多々良や清春のライバル、友人として登場する赤城賀寿役には、アミューズ所属の俳優・富田健太郎さんが抜擢されています。

富田さんはアイドルアニメ『ドリフェス!』で昨年声優デビューしたばかりで、アニメは今回で2作品目。

2.5次元の舞台などで活躍されていましたが、果たして声優としてはこれからどんな演技を観せてくれるのでしょうか??

その他、賀寿の妹・真子には『アナと雪の女王』でアナの幼少期の声を務めた諸星すみれさん、プロダンサーの仙石要役は、森川智之さんが演じられています。

仙石要は、「森川さんが声をやるだけでめちゃくちゃかっこいいし強そう!」

といったようにその声を聴く前から、その活躍に期待が高まりました。

(Sponsored)

「競技ダンス」オススメ漫画

『ボールルームへようこそ』も初心者にわかりやすくダンスのことを教えてくれますが、他にもダンスを題材にした漫画はあります。

週刊少年ジャンプで連載されていた『背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜』は高校の部活が中心のお話なので、よりとっつきやすい内容になっています。

主人公がこれまた初心者なので、ダンスについて分かりやすく丁寧に描かれて浮いて、ダンスのルールなどが簡単に覚えられますよ。

そして『10DANCE』というBL作品もオススメです。

10DANCE

画像引用元:10DANCE(1) (バンブーコミックス 麗人セレクション) 井上佐藤 (著) 出版社:竹書房

競技ダンスには、「スタンダード」「ラテン」2部門があり、それぞれに5種類のダンスがあるため、「スタンダード」と「ラテン」どちらも合わせて10ダンスと呼びます。

漫画『10DANCE』は、スタンダードが得意なプロダンサーの男性ラテンが得意なプロダンサーの男性がお互いのダンスを指導し、10ダンサーを目指す物語。

『麗人』というBL漫画雑誌で連載されていたのですが、現在では『ヤングマガジンサード』という青年誌で連載されている、異例の漫画です。

BLというジャンルですが、内容はかなり本格的なダンス漫画

BL好きな人もそうでない人も楽しめる競技ダンス漫画です。

競技ダンスってなんだかとっつきにくいな……という人は、ぜひ『ボールルームへようこそ』と合わせて読んでみてください! 競技ダンスのスポ根感が伝わって、より身近に感じられますよ。

アニメは2クール-重要なヒロインの登場も!?

『ボールルームへようこそ』の原作漫画はまだまだ続いているので、どこまでやってくれるのか分かりませんが、アニメは2クールでじっくりと魅せてくれるようです。

2クールともなると、今後新たに登場するキャラクターもまだまだいます。

今のところオープニングには出ていませんが、実は重要なヒロインがまだこれから登場します。

そのヒロインの声優さんも誰がやるのか楽しみなところ。

皆さんも美しくて、かっこいい、競技ダンスの世界を『ボールルームへようこそ』を通して、ぜひ堪能してみてください!!

(Edit&Text/きさらぎなぎさ)

【今この記事も読まれています】


TVアニメ「ボールルームへようこそ」公式サイト
©竹内友・講談社/小笠原ダンススタジオ

劇団ひまわりトップページ|劇団ひまわり
Copyright ©since 2001 Himawari Theatre Group Inc.

アミューズ オフィシャル ウェブサイト - AMUSE OFFICIAL WEBSITE -
© AMUSE INC.

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事