(Sponsored)

'16年も残すところ、わずかです。

映画好きなもので、この時期には決まって「こんな映画があったなぁ」と一年を思い起こすわけですが、今年を振り返ると、『君の名は。』に『シン・ゴジラ』、『この世界の片隅に』など、すっかり下半期の傑作映画達のインパクトが強すぎて、ちょっと上半期の映画たちのインパクトが薄れてきていますよね。

そんな薄れがちな作品のひとつ、『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』をピックアップしたいのです!

ゴールデンウィークに好成績を収めた大ヒット作品なのは間違いないのですが、すっかり後続の公開作品に興行収入も抜かれていってしまい、今では「あれ? 今年だっけ?」ぐらいの感覚の人も居ることでしょう。

ディスクリリースもされたし、いいかげんネタバレ全開!!

「純黒の悪夢のここサイコー!!」

というところを紹介させてください。

(Sponsored)

最高興行収入!『名探偵コナン 純黒の悪夢』

まずは抑えておきたい劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』の基本情報。

劇場版『名探偵コナン』の記念すべき20作目のアニバーサリー作品として登場した本作は、劇場版シリーズでも初となる、宿敵黒の組織やFBIや公安、CIAなどが物語に入り乱れて展開されています。

これまでも、各組織がそれぞれちょいちょい出たり出なかったりという状態でしたが、一堂に集結するのは今回が初!

そんな物語のスケールもあってか、本作は初週末全国映画動員数ランキングで初登場1位を獲得

初週末興行収入は12億915万という過去最高の初日興行収入を記録を打ち立てました。その後も勢いは留まることを知らず、興行収入は50億の大台どころか、60億円まで突破。最終的に過去最高興行収入作品となっていた『業火の向日葵』の44億を大幅に超える、62.1億円(東宝発表)という“ぶっちぎり”の興行収入記録を樹立しました。圧倒的です!!

(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事