アニメにおいて、よく食べる女性キャラは高い人気があります。『とある魔術の禁書目録』のインデックスや、『ゆるキャン△』の各務原なでしこ。マニアックな設定で言えば『かぐや様は告らせたい』の伊井野ミコも大食い女子として多くの男性をときめかせています。

 現在放送中の春アニメにも、前述のキャラに負けない、大食いの女性キャラが多数活躍中。食いしん坊な彼女たちは、おいしそうに食べ物を口にし、幸せそうな笑みを浮かべ多くの男性を虜にしています。

 ここでは、TwitterをはじめとするSNSにおいて、食べっぷりが可愛い! と評判の大食い女子を3人ピックアップ。作中彼女たちは、どんな食べっぷりを魅せ男子人気を獲得しているのか?

◆その食べっぷりはまさにドラゴン級! 『スライム倒して300年』よりライカ

<画像引用元:https://slime300-anime.com/story/ より引用掲載 Ⓒ森田季節・SBクリエイティブ/高原の魔女の家>

  幼い見た目に反し一人称が「我」であることが特徴的なライカ。彼女は『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』に登場する、人の姿をしたドラゴン。非常に真面目であり、家事全般をそつなくこなし、勉強もでき、地元ではお姉様と慕われています。そんな非の打ち所がないライカが大食いの片鱗を見せたのは、初めて主人公に食事を作った時のこと。

 できたてのおいしそうなオムレツに主人公は感激……したのですが、サイズがなんと通常の1020倍以上!? 見方によっては10キロ相当のオムレツが彼女の目の前に。ライカの本来の姿はドラゴン。それ故に、彼女はドラゴンサイズのオムレツを主人公に振る舞ったのです。これには主人公も苦笑いを浮かべています。

 ここまでは笑い話ですみますが、驚きなのはこの大食いタレントもビックリの巨大オムレツを、主人公とライカで食べきってしまうこと。どちらが、多く食べたのかは作中では語られていませんが、主人公は普通の人間です。ドラゴン娘であるライカがほとんど食べたことは想像に難くありません。さすが物理的に胃袋が大きいドラゴンと言ったところ。もしかすると、体のサイズは少女でも、胃袋だけはドラゴンサイズのままなのかもしれません。

 このことから、ライカはその体格に見合わない大食いキャラと言えます。主人公宅の食費が心配です。

◆ゾンビだから何でも食べられる? 『ゾンビランドサガ』より山田たえ

<画像引用元:https://zombielandsaga.com/1st/story/detail.php?id=1000489 より引用掲載 ©ゾンビランドサガ製作委員会>

 「ウッウゥ~」のうめき声がチャーミングな山田たえ『ゾンビランドサガ』に登場するゾンビ娘。現代に蘇ったガチのゾンビであり、アイドルグループ・フランシュシュのメンバーです。

 本作のゾンビ娘たちは、一般的にイメージされるゾンビとは違い、生前の記憶があり、人としての人格があります。しかし、たえちゃんだけは、なぜか生前の記憶どころか、人格すら曖昧。それ故に、行動はゾンビそのもの。時には人に噛みつき、突然走り出すなどの奇行を繰り返す特殊なキャラです。

 しかも、知能が低いため、セリフのほぼ100%はうめき声……。数少ない他のセリフも鶏の鳴き声というキレッキレの個性を持ったキャラです。

 その個性の中でも特に目立つのが食欲。よく何かを口に入れており、自分の髪をむしゃむしゃと食べていることもあります。ちゃんとした食べ物であるスルメやコロッケなどを口に入れていることもありますが、キマっている時は、マジックペンをチューチューと吸っていることも……。

 また、飽くなき食欲からか、たえちゃんの食事はかぶりつくのが基本。時には、皿を舐めることもあり、その勢いは完全に犬のそれ。現場を恐怖と混乱に陥れる、たえちゃんの食欲ですが、実はファンに親しまれているポイントでもあります。

 作中でも、食べ物を彼女に与えるモブキャラから可愛いと評判であり、アニメファンからも画面の端で奇行を繰り返す姿が面白いと人気です。その食いっぷりが芸の1つにもなっているたえちゃんは、今季で一番食い意地の張ったキャラと言えます。

 何をあげても食べてくれそうですが、あなたなら、たえちゃんにどんな物を食べさせてあげますか?

◆腹ペコキャラとは彼女のこと!『戦闘員、派遣します!』よりロゼ

<画像引用元:https://kisaragi-co.jp/ より引用掲載 ©2021 暁なつめ, カカオ・ランタン/KADOKAWA/「戦闘員、派遣します!」製作委員会>

 時々見せる中二病設定が可愛いロゼは、『戦闘員、派遣します!』に登場する戦闘用人造キメラ。主人公たちの仲間であり、物語を盛り上げるギャグ要員でもあります。

 彼女は「私はロゼ、戦闘用人造キメラ。あなた達にこの私を使いこなせる?」と中二ポーズをキメて自己紹介をする痛い子ちゃん。そんな彼女ですが、根っからの中二病ではなく、亡くなったおじいちゃんの遺言で、その自己紹介を続けているらしいです。その素直さから、主人公の冗談を真に受けてとんでもない噂を流すことも……。

 ロゼは、食べたものの特性を取り込む、いわゆるカービィのような能力を持っています。その能力が原因なのか、食に対しての欲求が凄まじく、それはもう何でも食べます。

 作中では、あまりの空腹に主人公を食べようとしたこともあり、その食人すら辞さない食欲には、登場キャラも引き気味。

 また、ロゼはとてもおいしそうに食べ物を頬張るキャラでもあります。笑顔溢れる食べっぷりにご飯を奢ってあげたいと思ったファンは多いハズ。

 彼女は空腹時、暴走するのが玉にキズですが、食事を楽しんでいる様子は可愛さバツグン! その可愛さに「ロゼになら食べられても良いぜ!」というファンもいるかもしれませんね。

 

 ――もし、彼女たちの誰かにご馳走することになれば、どんなお店に連れていくのがいいのでしょうか? もしそんな日がきた時は、彼女のたちの食欲を満足させられるエスコート力が試されるハズ。あと、彼女たちはバカみたいに食べるので、経済力もある程度必要かもしれません。

 なにかと大食い女子とのデートは準備が大変そうですが、デートがうまくいった時は、お腹いっぱいで満足そうな彼女の笑顔がきっと見られるでしょう。

〈文/天乃ひる (@amano_hiru

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

【関連する記事】



©2021 暁なつめ, カカオ・ランタン/KADOKAWA/「戦闘員、派遣します!」製作委員会

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

関連キーワード