『転生したらスライムだった件』(略称、転スラ)は、冬に2期前シーズンが終了したばかりですが、実は今季にも『転スラ』系統のアニメが放送されています。

<画像引用元:https://www.ten-sura.com/anime/tensura-nikki より引用掲載 ©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会 ©柴・伏瀬・講談社/転スラ日記製作委員会>

 『転スラ』には、本編をもとにした外伝が5作品も存在。現在でも4作品が連載されています。

 今季アニメ化された作品は、その中の1『転生したらスライムだった件 転スラ日記』(以下、転スラ日記)。人気作の外伝ということで注目を集めている本作ですが、本編との関係性やストーリーはどうなっているのでしょうか?

◆『転スラ日記』はスピンオフ? 原作のどこから始まるの?

<画像引用元:https://www.ten-sura.com/anime/tensura-nikki/story より引用掲載 ©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会 ©柴・伏瀬・講談社/転スラ日記製作委員会>

 『転スラ日記』は、リムルの何気ない日々を描いた日常系アニメ。本編のストーリーをなぞりつつ、その裏側にスポットライトを当てているのが特徴です。

 立ち位置的には、サイドストーリーやスピンオフのような作品ですが、新展開や『転スラ』の特徴であるバトルや、冒険、魔法、スキルなどの要素はあまり登場しません。その代わり、街作りの様子やキャラ同士の日常会話などに重点が置かれています。

 こうしたスピンオフ作品で気になることと言えば「どの地点から物語が始まるのか」ということ。スピンオフ作品は本編を知らなくとも楽しめる作品も多いですが『転スラ日記』は本編を知らないと物語について行くことが難しい作品です。

 作中ではキャラの紹介はあまりなく、全て知っている体でストーリーが進んでいきます。そのため『転スラ日記』は、ファン作品と思っておくのが良いかもしれません。

 『転スラ日記』の物語は、本編1期の中盤くらいから始まります。ストーリー的にはオークディザスターを討伐し、ゲルドやガビルが配下になった後あたりです。

 アニメでは第14話、原作小説では2巻、本編漫画版では5巻までの内容を知っていれば、本作の内容についていくことができます。この機会に原作や漫画に触れてみるのも良いかもしれません。

◆漫画版は4コマ漫画 『転スラ日記』はどんなストーリー? 

<画像引用元:https://www.ten-sura.com/anime/tensura-nikki/story より引用掲載 ©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会 ©柴・伏瀬・講談社/転スラ日記製作委員会>

 では『転スラ日記』で描かれる本編の裏側とは、どんなストーリーなのでしょうか。ここでは、より詳しく紹介していきます。

 まず『転スラ日記』は元々4コマ漫画です。1話の中に1015個ほどショートストーリーがあり、アニメ版ではそれらをまとめ一連のストーリーとしています。構成のイメージで言えば、人気作品『生徒会役員共』に近い感じでしょうか。

 第1話ではリムルの配下のキャラ、それぞれに23分の持ち時間が与えられ、本編でもあまり出番のないキャラまで登場。彼らの仕事風景や休日での過ごし方など、本編では観ることができない一面が描かれていました。

 漫画版とほぼ変わらない内容をアニメ化していますが、多くのセリフが追加され、より自然にショートストーリーが繋がるように工夫されていた部分は、注目して欲しいポイントです。

 また、ストーリーのテーマになるのは、キャラの日常だけでなく、テンペストで行われたイベントも多いです。例えば、海水浴、夏祭り、お正月、お花見、クリスマス、収穫祭などなど、時期に合わせた催し物を楽しむリムルたちが、本作では描かれています。

 そんなイベントの中『転スラ』キャラたちが、ワイワイ楽しそうにするのが『転スラ日記』の魅力。本編では、あまり絡むことのない組み合わせも多数登場し、本作でしか味わえない『転スラ』ワールドが広がっています。

◆あのキャラがレギュラー化!? 『転スラ日記』の見所は仲間同士の掛け合い

  『転スラ』は、キャラ同士の掛け合いが魅力ですが、本編では尺の都合上、ゴブタ×ハクロウ、ベニマル×シュナ、シオン×シュナなど特定の組み合わせがほとんどです。しかし、原作ではもっと多くの掛け合いが描かれているのをご存知でしょうか。

 それらを楽しめるのが『転スラ日記』。特にキャラの内面や個性に関して、しっかり描かれているポイントなどは本作最大の魅力です。

 ここでは、そんな『転スラ日記』を楽しむために、アニメではあまり触れられていないキャラを紹介していきます。

■□■□■□■□■□■□■□

▼トレイニーさん

 ジュラの大森林をまとめるドライアド。3人姉妹の長女でキレイ系のお姉さんです。本編では、隙のないしっかり者として描かれていますが『転スラ日記』では、以外にお茶目なところもしばしば。植物を愛するドライアドらしいエピソードがたくさんあります。

▼ソーカ

 元リザードマン王国の親衛隊隊長。ガビルの妹で、進化により人間っぽい見た目を獲得したリザードマンです。国を離れた後は、自身を倒したソウエイの元で忍びのような活動をしており、密かにソウエイを慕っているキャラ。『転スラ日記』でも、ソウエイに想いをよせるエピソードが多く登場します。

▼クロベエ

 元大鬼族の里の武器番。今は、テンペストで鍛冶師をしています。ベニマルらに比べると圧倒的に出番が少ないですが、テンペスト内の武具はクロベエ作であることが多い重要なキャラ。『転スラ日記』では、彼の作ったアイテムが事件を巻き起こすことも。

■□■□■□■□■□■□■□

 これらのキャラに加え、ランガ×シオン ゴブタ×クロベエ ゲルド×オークなどの普段描かれることのない組み合わせが登場します。リムルと接している時とは、また別の一面を垣間見ることができるのでぜひ、チェックしてみてください。

 

 ――『転スラ日記』は『転スラ』が好きで、キャラたちに興味がある方にオススメしたいファンサービスが旺盛なアニメです。

 本作から観始めるのは難しいですが「異世界を舞台にした日常系アニメ」という、少し変わった要素に興味を持った方は、1期途中から寄り道して本作を観るのも良いかもしれません。

 今季の放送が終われば、今度は『転スラ』2期後期シーズンがスタートします。本作は、それまでにキャラを理解しておくのに、ピッタリの作品と言えます。

〈文/天乃ひる (@amano_hiru

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

【今なら初回31日間無料】

お知らせ

アニギャラ☆REWのLINEアカウントが登場!

職場や学校で盛り上がれるアニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


アニメ 「転スラ日記」 | 「転生したらスライムだった件」ポータルサイト

©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会 ©柴・伏瀬・講談社/転スラ日記製作委員会

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.