(Sponsored)

2018年2月8日、私の大好きで大好きでたまらない映画の続編の日本公開が発表されました。

その名も『シュガー・ラッシュ:オンライン』!!

そうです、ディズニー映画『シュガー・ラッシュ』の続編です。

今回はそんな『シュガー・ラッシュ』についてのお話。

『シュガー・ラッシュ』とはどんな映画か

シュガー・ラッシュ Blu-ray

画像引用元:シュガー・ラッシュ DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

『シュガー・ラッシュ』といえば、2013年に日本上映を果たしたディズニーのアニメーション映画です。

舞台はゲームの中の世界。

ゲームの悪役キャラクターだったラルフが、その役目に嫌気が差して、他のゲームの世界へ侵入していってしまうという物語です。

オリジナルキャラクターだけでなく、パックマンソニックなど実在のゲームキャラクターが登場するのも魅力の作品でした。

(Sponsored)

『シュガー・ラッシュ:オンライン』は2018年冬に公開!

そんな『シュガー・ラッシュ』はゲームセンターの筐体ゲームの世界が舞台だったのですが、今回発表された続編は、タイトルにもあるようにオンライン……つまりネットの世界が舞台になります。

いろんなゲームの世界を巡ってきたラルフやヒロインのヴァネロペは、新作でネットの海に飛び出し、なんでもディズニーの他のキャラクターなどにも出会う物語になるそうです。

公開は2018年冬! 具体的な日程までは発表されていませんが、年内上映というのが肝です。

ディズニーのアニメーション映画といえば、日本では春と夏の公開が多かったのですが、アメリカでは冬のホリデーシーズンの上映が定番となっています。

すなわち『シュガー・ラッシュ:オンライン』はアメリカの公開時期と非常に近いタイミングで観ることができそうです。ファンとしては非常に嬉しいです。

ナンバリングを手放し始めたディズニー映画

ただ一点。現状ですでに気になっていることがあります。

それは“邦題”に関すること。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』・・・このタイトル、どう思いますか?

最近のディズニーのアニメーション映画は、『カーズ:クロスロード』『インクレディブル・ファミリー』など、海外では『Cars3』『Incredibles 2』ナンバリングがついている映画であっても、邦題ではナンバリングを避ける傾向にあります。

今回の『シュガー・ラッシュ』についても、原題は『Ralph Breaks the Internet: Wreck-It Ralph 2』というようにナンバリングが付いていたのですが、やはりというべきかナンバリングが取られてしまいました。

集客的にはナンバリングが付いてない方が、前作を観ていない人が続編物だと気づいて足が遠のくのを避けることが出来て良いのかもしれません。

ですが、個人的にはお客さんを騙しているようで少し好きになれない手法にも思っています。

子どもがDVDレンタルショップなどでこのようなタイトルが並んでいるのを観ても、どの順番で観たらいいか分からないのではないかという懸念もあります。

果たして、ディズニー作品は今後ナンバリングという手を使う完全に辞めてしまうのでしょうか。

ちょっと、そこには「待った」をかけたいとも思ってしまいます。

そもそも『シュガー・ラッシュ』という邦題の問題

シュガー・ラッシュ ディズニー

画像引用元:シュガー・ラッシュ ブルーレイ [Blu-ray]販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

そして、実は『シュガー・ラッシュ』というそもそもの邦題にも問題があります。

この「シュガー・ラッシュ」という言葉は、第1作でメインの舞台となるゲームのタイトルから付いたタイトルです。

またAKB48が本作で世界共通挿入歌に選出され(これは本当にすごい!)、その曲名も「シュガー・ラッシュ」であったことからこのタイトルが推されたことが想像できます。

それなりに興行も成功できたので、そういった狙いに意味はあったのかもしれませんが、今回のような続編にまで及んでくると、言葉通り話が違います。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』はネットの世界が舞台となるので、まったく『シュガー・ラッシュ』というタイトルと噛み合わなくなる可能性が出てくるのです。

原題こそ“壊し屋ラルフ”といった意味の『Wreck-It Ralph』というタイトルだったので、そういったタイトルが噛み合わなくなる問題は起きませんでした。

ですが日本ではある意味凝ったタイトルにしてしまったばかりに、今回の様な問題が起きてしまっています。

 「1」の時から『シュガー・ラッシュ』の邦題問題は発生していた

そしてそもそもこの邦題の弊害は、元の第1作『シュガー・ラッシュ』の時点で発生していたりもします。

それは『シュガー・ラッシュ』の作中でタイトルが出てくるタイミングの演出の問題です。

映画の冒頭で、主人公のラルフが自分の役目に納得できないという表情で画面いっぱいに映されるここぞというタイミングで、初めて映画のタイトルが表示されます。

このタイトルが出るタイミングは、明らかに原題の『Wreck-It Ralph』というタイトルをラルフに被らせることで、皮肉的に使った演出なのですが、日本ではこれが『シュガー・ラッシュ』という全く異なる意味のタイトルになってしまったばかりに、演出としてのタイトルの出現タイミングが意味をなくしてしまっているのです。

『シュガー・ラッシュ』は、日本版限定のオリジナルキャラクターを登場させるといった凝った工夫こそされていたのですが、こういった元の演出をつぶすようなことこそ優先して配慮をしてくれればなぁと、たまたま原版を先に観ていた私は少し残念に思ったのをよく覚えています。

 

――『シュガー・ラッシュ:オンライン』のローカライズは恐らくこれから本格的に進められることになると思いますが、第1作『シュガー・ラッシュ』でやってしまった演出をつぶすようなローカライズはぜひとも避けて欲しいです。

吹替が乗ったり字幕が乗ったりと、日本で鑑賞する以上、純度100%の状態で作品を観ることこそ、そもそも不可能なのは分かっているのですが、せめて出来る限り元の良い部分を活かしたアレンジを希望します。

なんといっても“世界のディズニー”なんですから。ぜひその国境の越え方にも期待させていただきたいです。

(Edit&Text/ネジムラ89)

【今この記事も読まれています】


シュガー・ラッシュ
©Disney

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事