(Sponsored)

 『ポケットモンスター サン&ムーン』(以下、サンムーン)にて初めて登場した悪の軍団の女ボス。そして、ヒロインのリーリエとスカル団の用心棒グラジオの母親でもあるルザミーネ

 彼女は元々優しいお母さんであったのですが、今作に出てきたウルトラビーストへの異常な執着によって歪んだ性格になってしまい、実の子供に対して「わたくしが愛を注げる美しいものでなければ邪魔でしかない」と言い放つなど、その狂気じみた言動がしばしばファンの間で議論の対象になっていました。

ポケモンサンムーン ルザミーネ

<あと40歳以上とは思えない美貌も話題になっていました>
画像引用元:ポケモンカード サン&ムーン/ルザミーネ(SR)/超次元の暴獣

 彼女の行動理念は「深い愛でポケモンを守ること」にあるのですが、その愛情は一言で言ってしまえば「異常」なものと評されています。でも一言で「ルザミーネの愛を異常と言うには、簡単なように見えて実は難しいものなのではないか?」と私は思うのです。そもそも「愛」自体が生物ごとによって捉え方が変わってしまう曖昧なものである以上、「その愛はおかしい」とバッサリ切り捨てるのも気になります。

 では何を持って、ルザミーネの愛は異常と呼ばれるのか? そして私たちは彼女の愛を理解することはできるのか?

 今回は彼女の愛について、改めて考察してみたいと思います。

(Sponsored)

ルザミーネの行動理念

 彼女はエーテル財団の代表としてポケモンの保護活動や生態調査を行い、その課程の中でウルトラビーストの調査もしておりました。………というのは表向きの理由で、「自分が愛したウルトラビーストとの理想的な世界を作る」ことが本来の目的でした。そのため目的を邪魔する者は、たとえ自分の子供であっても容赦なく切り捨てるようになっていたのです。

 ただ後半の部分に関しては、ウツロイドの「自我を解放させ宿主を守らせる」という神経毒の影響があったとも言われています。

 またその他にも、自分のお気に入りのポケモンを氷漬けにしてコレクションしている描写があり、ルザミーネの異常さを如実に表す一因にもなっています。

 エーテル財団の代表としてポケモンたちを愛し、保護すること自体が彼女の行動理念でマチガイナイのですが、『サンムーン』ではウルトラビーストへの執着により、その深い愛情がとんでもない方向に行ってしまったのです。

 なお『サンムーン』では独善的な性格が強調されてましたが、『ウルトラサン&ウルトラムーン(以下、USUM)』では、そもそもの目的が「ネクロズマから世界を守りたい」という理由(実際には「私が全ての物を愛せる世界を守りたい」)に変わっており、ウルトラビーストへの執着が無くウツロイドの洗脳も無いお話だったためか、狂気じみた言動は少なくなり母親としての面が強く出ているようになりました。

 まだ完結してないので何とも言い難いですが、アニメ版ではもはやリーリエバカとも言える「忙しいお母さん」キャラになっており、異常な愛という黒い部分はほとんど出ていません。

(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事