<PR>

TVアニメ『アストロノート』

◆「ピンチ」のときにいつも助けてくれる

 特別なにか言葉にしなくても常に気にかけてくれて、自分が大変なときであったとしても心配してくれるといったように、どんなことがあっても助けてくれる相手には、ついつい好意を抱いてしまうもの。

 『山田くんとLv999の恋をする』では、茜が風邪で弱っているエピソードがありましたが、そのとき秋斗は彼女のことを誰よりも心配していました。

 秋斗のように相手が本当にピンチのときに手を差し伸べてくれると、女性は「そんなに見てくれていたの!?」と、ついつい受け取ってしまい、あまり興味のない相手に対しても、好意を抱いてしまうことがあります。

 筆者が働いていたのはキャバクラということもあり、酔いすぎてしまっているお客さんがいることはもちろん、時には手が出てしまったり物を投げられたりすることもありました。

 そうしたときに仲良しのボーイがすぐに気づいて助けに来てくれたり、物を投げられたりしたときには守りながらもケガしないように身代わりになってくれました。

 筆者が助けてほしいと求めたわけではないものの、周りをしっかり見ていることで変化にすぐ気づき、危険など気にすることなく迷わず助けてくれていたのです。

 たとえ相手に好意がない場合であってもこのように守られると、意識するきっかけになるでしょう。

 ですが、面倒なことには「巻き込まれたくない」というように、自分のことだけを考えてしまう男性も多いハズです。

 女性が本気で困っている場面に遭遇したとき、見てみぬふりをしてしまうと、たとえ相手の女性が好意をもっていたとしても、失望させてしまったりする可能性も少なくありません。

 女性の多くは好きな人に頼りたい、甘えたいと思っています。そのため、力の弱い女性のことよりも自分を優先してしまう男性には「ありえない……」というように、マイナスな印象を抱いてしまうでしょう。

 秋斗のように大人しいタイプであっても、好きな人を守れる物理的な強さはもちろん、精神的な強さも必要なのかもしれません。

 

 ──気になる人や好きな人から向けられる優しさや深い想いには、トキメキを感じるものです。

 ですが、あまりにもわざとらしい言動や、悪い意味での下心を抱いていると、勘のいい女性はそうしたマイナスの気持ちに気づきます。

 そのため、どれほど好きという想いを強く持っていたとしても、相手の気持ちが冷める原因になってしまうでしょう。

 また、女性が特別扱いをされることが好きといっても、頻繁に特別扱いをされたいわけではありません。

 本当に好きな相手とステキな関係を築くためには、特別扱いを意識しすぎないことや、相手がどのような気持ちでいるのか、しっかりと思いやることも大切です。

 ここで紹介した3つのポイントを頭に入れて、誕生日などの記念日には、「君だけは特別だよ」という、さり気ない優しさを見せてみるとよいかもしれません。

〈文/柳瀬蓮 @_prince0807_ 編集/水野ウバ高輝〉

アニメで学ぶ恋愛術

《柳瀬蓮》

元キャバ嬢ライター。脚本、エッセイ、アニメ以外では主にスピリチュアルや恋愛について、さまざまなメディアで執筆中。赤髪やピアスで派手な見た目をしているものの中身はふわふわしている人。誰かを傷つけてしまわないような記事を心がけています◎。10年の夜職経験を生かし『アニギャラ☆REW』では「アニメで学ぶ恋愛術」を連載中。

※サムネイル画像:Paylessimages / stock.adobe.com(画像はイメージです)

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.